15年以上も前の5月の連休のこと。
恋人(今の妻)とファーストキスまで進んだ俺(当時大学3年生)は、次はキス以上の関係にと思って密かに「ゴム」を買い求め、ポケットにしのばせて持ち歩いていた。
そんなある日の夕方、買い物をしようと商店街を歩いていると、ものすごい迫力でエンジン音を響かせて、白とピンクに塗り分けられた1台の大きなバイクが止まった。
ヘルメットからのぞく長い茶色く染めた髪に「もしや」と思って見ていると、案の定、女性ライダーだ。
しかも、なかなかの美女で、乱れた髪を手で整える仕草も、ものすごくセクシーだ。
何とか声をかけるきっかけをと思っていたら、止めたバイクを駐車スペースに入れようと押して歩き始めたが、なかなか重そうだ。
俺は素早く駆け寄り、後ろから押しながら
「すごいの乗ってらっしゃるんですね」

と声をかけた。
最初はキョトンとしていた彼女も
「もうバイク歴長いんですか」
などと矢継ぎ早に声をかけるのに根負けしたかのように、少しずつ口を開いてくれ、少しの間、お茶することに。
彼女の名はC子と言って、俺より2つ年上の大学院生。
そろそろ暗くなり始め、
「じゃあまたね」
と言ったものの、今度いつ会えるか判らないし、せっかくの出会いがもったいない。

そんな気持ちで、C子が再びバイクに跨るのを見ていたら、エンジンをかけるために深く踏み込む仕草が、これまたセクシーでたまらない。
思わず傍らに立った(俺の分身もそそり立っていたが)まま肩に手を回し、
「このままギアをつないで、その髪をなびかせて、爆音と甘い香りだけを残して走り去っていくなんて切ないよ」
と言うと、
「じゃあ、どうするの」

と聞き返してくるのも待たずに、俺は素早く後に跨り、C子の華奢な腰を抱きかかえながら
「もうちょっと一緒に風を感じていたい」
と囁いた。
C子は
「強引なのね。しっかりつかまってないと振り落とされても知らないよ」
と言いながら、バイクを発進させた。
俺は意図的に腰を抱きかかえた手の強さを加減させたり、怒張した分身をC子に押し付けたりしていると、
「もうーっ。変な所が当たってるよ」
と言うので、
「だって、この姿勢じゃ、仕方ないよ。でも、本当はここに当てがうんだよね」
と言いながら、手を下の方にずらし、C子の股間をそってなでた。
「やめてよ。変なとこ触らないでよ」
「ふーん。変な所なんだ。じゃあ、こっちは」
と、今度は手を上の方にずらして胸の感触を味わう。
「待ってよ。運転ミスったら大変でしょ」
「じゃあ、2人きりでゆっくりできる所に行こう」
「だめ。彼氏いるって言ったでしょ」
「じゃあ、やめない」
と俺は片手でC子の股間をなで、もう一方の手で胸を揉んだ。
「待って。わかったから」
C子はそう言うと、ホテルに向かった。

部屋に入るなり激しくキス。
いきなりのキスなのに、そのまま10分くらい舌を絡め合って激しく抱き合った。
どちらからともなく唇を離すと、俺は
「ごめん。でも、どうしても我慢できなくって・・・C子が欲しくてたまらない」
と言い、再びC子を抱きしめ、片手でC子のツナギのジッパーをおろし、ブラジャーのホックを外した。

「ツナギの中に閉じ込めておくのが窮屈なくらい大きいね」
と言いながら胸を揉んでいるうちに、C子の息づかいもだんだんと荒くなっていく。
俺も唇をC子の唇から胸に移し、今度は手を下腹部の方に移し、ツナギを脱がしにかかる。
下着を通した感じでも、もうあそこはすっかり大洪水のようだ。
「すごく濡れてるよ。いつもエンジンの上に跨ってるから、いつも撫でられてるようなものなのかな」
と聞くと、
「恥ずかしいこと聞かないで。さっきからずっと感じるようなことしてるくせに」
と言うので、
「じゃあ、もっと感じよう」
と再び唇をふさぎ、舌を絡めながら、両手と足を使って巧みにC子のパンティーを取り、指を股間に這わせる。
悶えながら唇を離そうとするC子だが、強く吸って唇を合わせたまま、胸と股間に指を這わせていると、C子の息使いもますます激しくなってくる。

このまま入ろうかとも思ったが、やはり口でも味わってみたい。
俺はC子の唇から唇を離すと、体勢を変え、C子の下の入り口に唇を当て、周辺部をくわえたり、中に舌を這わせたりしていたら、ますます中は大洪水となり、C子の喘ぎも絶頂に達してきた。
「もうじらさないで。来て!」
の一言に、再び体勢を変え、俺の分身をC子の入り口に当てがうと、
「行くよ、C子。ひとつになろう」
と囁き、C子が頷くのも待たずに再び唇を重ね、きつく吸うのと同時に、分身をC子の中へと進入させた。
俺の分身がC子の洪水で包まれているのが何とも言えないいい心地で、その上、C子の締め付けが素晴らしい。
あまり激しくすると一気に爆発してしまいそうなので、必死にこらえて、ゆっくりと動く。
でも、C子の締め付けがそれを許してくれない。
上の唇では舌が、下のもう一つの入り口では分身が抽送を繰り返し続けている。

不意にC子の反応が変化したかと思うと、ただでさえ洪水のところなのに堤防が決壊した様子。
俺もフィニッシュの近さを感じ、腰に添えた両手を思い切り引き付け、分身を思い切りC子の奥に押し付け、C子の奥の院の入り口で円を描くような形で腰を動かし続けた。
次の瞬間、何とも表現できない絶頂感に襲われた俺は、C子の腰を抱いた両手に一段と力を込め、C子の唇から唇を離して
「とってもステキだよ、C子。僕のこと全身で受け止めて」
と叫びながら、思い切りC子の中に果てた。

しばらく抜け殻のように横たわっていた2人だが、C子の方から
「すごかった。でも、中に出しちゃったのね」
と言ってきた。
「ごめんね。夢中だったし、あんまり気持ちよかったものだから」
「まあ、いいか。安全日だし、すっごくよかったし」
「それに、実は僕、これが始めてなんだ。C子のようなステキな子が卒業の相手でよかったよ。ありがとう」
と言うと、
「じゃあ、今夜は卒業記念パーティーね」
と言ってくれて再び抱き合い、その夜は朝まで5回も愛し合った。
もちろん、全部、中出しで。

結局、恋人との初体験用にと持ち歩いていた「ゴム」は使わずじまいで、数日後、「予定どおり」恋人との初体験で使うことになった。
唯一の誤算は、その時点で俺は一足先に「卒業」していたことだったが、妻は今でもその時2人同時に「卒業」したと思っているようだ。
そして、C子とは、お互いに結婚した今でも、たまに内緒で連絡を取り合って逢瀬を楽しんでいる。
来月には「恋人岬」で愛し合ってくる予定だ。

よかったら投票をお願いします!