7:えっちな21禁さん:2005/04/05(火)17:03:12
僕が高校3年の冬休みだったけど、家族で長野の山の中の温泉旅館に
泊まりに行った時の事です。
旅館に着いてびっくりしたのが混浴露天風呂って言うのが有るんですよ、混浴
って言う響きが高校生の俺には辛抱我慢出来ない物でした。
僕はすぐさま混浴露天風呂に行ったんですよ、僕の妹と両親は男女別の内湯に
入って混浴露天風呂は俺だけだったんです。
結局、混浴でも僕だけじゃ意味ねーじゃんと落ち込んでると一人風呂に来たんだわ。
偶然にも高校の同じ学年の女の子だったんです。
僕は口から心臓が飛び出すかと思うほどびっくりでした。

8:えっちな21禁さん:2005/04/05(火)17:14:59
こんな渓谷沿いの温泉地で知り合いに遭うとは思ってもみなかったので
僕はマジで驚いた。
彼女は高校で同学年だけど、一度も同じクラスになった事は無く、
学校では1年の時に学園祭の実行委員になった時に彼女も実行委員だったので
少し会話をしたくらいで、それ以外はあいさつする程度でした。
一応タオルで陰毛部分を隠してるけど胸もそこそこ大きいしスタイルも良いし
最高って感じだったです。
彼女も気が付いて、お互いに挨拶をしたけど、すでに俺のチンチンは
湯船の中で勃起状態だ。

9:えっちな21禁さん:2005/04/05(火)17:16:42
彼女は3メートルくらい離れた場所で湯船に入って、彼女の方から
話し掛けて来た、偶然と言うか俺の家も彼女の家も同じ懸賞の
温泉招待券が当たって来ていたらしかった。

彼女とは学校では話しもした事がなかったけど、ここでは色々話しをした、
進学の事を話しをすると彼女は専門学校に行くと言う、俺も専門学校だと
話しをすると会話が盛り上がってしまい風呂の中で二人ともノボセる寸前になっていた。
お互い恥ずかしいから風呂から出れず状態だったので、お互い覚悟決めて
湯船を出て体を洗うことにした。


10:えっちな21禁さん:2005/04/05(火)17:21:25
会話がはずんでいたので斜めに向かい合って座っていたけど、彼女の
ヘアーが見えるし割れ目も見えるし、少し足を広げた時には割れ目が
パクっと広がる感じで中が見えそう・・・・
慌ててタオルで隠すけど、途中であきらめ隠さなかった。
でも同じ様に俺の勃起したチンチンも見られていたって事だ。

お互いに親と一緒に来ていたので下手な真似は出来ず・・・・
ご馳走を目の前にして箸を出せない状態で俺も忍耐だった。


20:7-

10:2005/04/07(木)12:32:09
僕は女性の裸を生で見たのは初めてだったので異様な興奮を覚えた。
初めてと言うか幼い頃に母と一緒に風呂に入ったと言う事は有るけど
幼かったし母の裸じゃ興奮もしない、でもヒョンな事で同級生の裸を
拝めたと言う事で僕も妙にハイテンションでした。

彼女とは高校でもほとんど会話をした事がなかったけど彼女の事は気になっていた。
同じ学年の女子の中では割と可愛い方だし女子ソフトボール部に入っ
ていたからスポーツ少女って感じでスタイルも割と良かった。


21:7-

10:2005/04/07(木)12:33:49
僕は貧乳の胸のあまり大きくない女の子が好みだったので、彼女はちょうど
頃良い程度で巨乳でもなくぺチャパイでもなく、手で揉むには良さそうだなぁと
一人妄想に耽りチンチン勃起させていた。
すると彼女が「ねぇ佐藤くんチンチン凄いね、私の裸を見て興奮しちゃってるんだ?」
と僕に言うんだけど、そんな事を言われると、なおさら彼女の裸が気になってしまう。
家族と一緒に来ていなかったら手を出してるのに・・・と心で思っていた。
「田中さんは興奮していないの?」
「私もスゴク恥ずかしいって感じで興奮してるよ。」
二人で顔を見合わせるけど、それ以上に何も出来ないと言うのが辛い


22:7-

10:2005/04/07(木)12:35:19
お互いにそんな感じで、夕飯食べた後二人で会う事にして風呂から上がった。
風呂上りに部屋に戻るとお袋がニヤニヤしながら「混浴に同級生の女の子が
いたでしょ?」といきなり言い出した。
話しを聞くと母同士が知り合いらしく、内風呂で偶然会ったと話していた、
それで夕飯を彼女の家と一緒に食べると言う事にしたらしい。

なんだか僕としては性欲が貯まってしまった状態で困り果てていた。

夕飯の後、僕と彼女はもう一度風呂に入って来ると言うと、両方の母が
「それじゃあ私たちも露天風呂に入って来ましょう。」と言い出してしまい、
結局お袋と彼女の母の裸を見る事になってしまった。


23:7-

10:2005/04/07(木)12:38:56
僕のお袋と彼女の母も自分じゃ若いつもりだけど・・・・僕は最初オバサン世代の
裸を見ると性欲も萎えてしまった。
母同士がワイワイと大騒ぎして喜んでいる、これには僕も辛い物さえも感じていた。
お袋が「隆志は女の人の裸を生で見たのは初めてでしょ。」と言っている、夕飯の時に
母同士はビールを飲んでいた直後だから酔っていてハイテンション状態で困り物だ。


24:7-

10:2005/04/07(木)12:41:42
彼女の母がふざけて自分のアソコを見せるんだから驚いた・・・
僕もまさかと思ったけど、不意に見せられてしまった為思わず勃起した
自分が恥ずかしかった。

考えてみれば僕の母も彼女の母も40歳前後で熟女世代と言うのか、
まだ女としてのアレは十分だったしなぁ。
自分のお袋の方だったら勃起しなかったと思うけど。

親父達は部屋でかなり酔っ払っていたから風呂には来なかったけど、親父たちが
見たら卒倒するんじゃないかと思えた。


29:7-

10:2005/04/08(金)07:38:07
夕飯前に風呂に入った時に夕飯後にと言ったのは、もう一度二人とも裸で
ゆっくり話しをしたかったから言ったんだけど、二人で風呂に入ろうと
思っていたらほろ酔い状態でハイテンションになっている母達までが
一緒に風呂に入って来てしまった事に僕はショックだった。

母同士は酔っているから二人で意味もなく盛り上がってる。
僕の母は「隆志は小さい頃いつもお母さんと一緒にお風呂に入って喜んで
居たのに、最近は嫌がっちゃって。」と言い出すし、「当たり前だよ、俺は
もう18歳だぞ。」と言い返えした。


30:7-

10:2005/04/08(金)07:38:53
彼女と一緒に露天風呂の隅の方に行くと僕の妹と彼女の姉が付いて来てしまった。
「お姉ちゃん付いて来ないでよぉ。」と彼女が怒るんだけど「一緒に居ないと
千賀ちゃんたちがエッチ始めちゃうから監視していなさいって言われてるからね。」
と監視かよ・・・・・
すると彼女が「えっちなんかしないから二人っきりにさせてよ。」

僕の妹も一緒になって「お兄ちゃん達が悪い事しないように私もママに監視しなさいって
言われてるもん。」と言い出すし、参ってしまう。
僕は妹が一番恐怖に思える事が有る、僕とは1つしか歳が離れていないから
妹と言っても僕の世話ばかり焼きたがる。


31:7-

10:2005/04/08(金)07:40:13
「何もしねーよ。」と言うと「千賀子(彼女の事)お姉ちゃんのオッパイ吸い付くつもり
だったでしょ?」
「何を言い出すんだよ、そんな事しねーよ。」
「変態兄貴だから心配なのよ、だって私が中3の時にたまに一緒にお風呂に
入ったら私のオッパイに吸い付いたじゃない。」
「そんな事をここで言うなよ。」
彼女と彼女の姉は変態を見る眼で僕を見ていた。

確かに事実だった、僕が高校1年の時に妹がふざけて一緒に風呂に入って来た事が
有って、僕は小さい頃からたまに妹と一緒に風呂に入る事が有ったんだけど、
小さい頃に僕も悪戯半分で妹の胸を触ったりした事が有ってその時は思わず
吸い付いてしまった事が有った。
寸止め失礼!!



56:7-

10:2005/04/10(日)07:11:59
僕や彼女の家族に邪魔されるので二人とも風呂から出て部屋に戻る事にした、
彼女の家族の部屋は親父たちが酒を飲んでいるので、僕の家族の部屋に戻って
家族が戻ってくる前に済ませちゃおうって事で・・・・
彼女と僕は浴衣の下に下着を着けず、浴衣の帯を解き前が開くのでそれで慌てて
シックスナインを始めた。

風呂上りだから彼女のアソコも臭くなかったし、僕のチンチンも臭くないので
僕が下になる形で69をしていた。
不思議なもので動物的本能って言うのか二人とも初めてなのに、誰に教わったって
事もないのに自然とお互いの性器を舐めあっていた。


57:7-

10:2005/04/10(日)07:12:59
さすがにセックスをすると言うまでの関係が進展していないから69で我慢するって
感じでした。

いざ69を始めてしまうと、周りが解らなくなっていたし時間的な感覚も麻痺していて、
すぐにしちゃえば家族は戻って来ないからと考えていた。
食事の時に部屋に布団が引かれていたので布団の上で二人で・・・・
早く気持ち良くなって済ませちゃおってしているんだけど、二人ともこういうときに
限って直ぐにイク事が出来ない。
って言うよりお互いの性器を舐めるのに夢中って感じで早くイクと損をするって
感覚だったと思う。


58:7-

10:2005/04/10(日)07:13:36
それで彼女も「イクっ私イキそうだよ。」とそれで僕もイク寸前だったすると部屋の戸が
開いた・
俺の母と妹、彼女の母と姉がそこにはいた。
戸が開いた瞬間に二人ともイクって瞬間だったので両方の家族に最悪の瞬間を
見られてしまった。

「何してたの、あんたたち。」と言われるけど彼女はイクって言う時に戸が開いて
しまったので快感と一緒に恥ずかしい困ったと言う気持ちで半分失神と言うか痙攣しちゃってる。
彼女が上で69をしていたので彼女が僕の体の上に重なった形で居るから動けない。


59:7-

10:2005/04/10(日)07:14:23
少しして彼女も落ち着いた、怒られるかと思ったけど案外理解してくれたので良かった、
でもセックスをしていたら絶対怒られただろうなぁ。

僕は彼女の口の中に射精したので彼女は僕の精液を飲み込んでしまったらしい。
母たちは案外冷静だったし彼女の姉も冷静だった、しかし僕の妹が
「お兄ちゃんは私が眼を離すとこんな事してる、千賀お姉ちゃんも最低だよ。」と
妹の美紀が騒いでる。
彼女の姉が僕の妹(美紀)をなだめて落ち着かせている。

母たちは美紀に「絶対にお父さんたちに言うんじゃないわよ。」
と言っていた。


60:7-

10:2005/04/10(日)07:16:25
美紀は嫉妬していたらしかった。
実は僕自身に責任は有った、僕と妹の美紀は小さい頃は一緒に風呂に入っていたし、
その頃も週に1度くらい美紀が一緒に入ろうって言って兄妹で風呂に入っていた事も有った、
両親は小さい時から兄妹で仲良く一緒に風呂に入っていたから心配ないって思っていた。
でも一緒に風呂に入っていたのは美紀は僕にエッチな事をされるのを期待していたからだった。

美紀のオッパイ揉んだり吸ったりマンコを舐めたり指で悪戯したりして美紀の方も
喜んでいたのでそんな事をしていたので、僕と彼女の69に嫉妬していたのかも知れない。



67:7-

10:2005/04/10(日)17:22:13
その夜は僕も彼女(千賀)も最後にまた家族に邪魔された気分でした。
ちょうど僕が射精して、彼女もイクって瞬間に戸を開けられたって感じだったから・・・・・。
僕の母が彼女の母に「ごめんなさいね、うちの馬鹿息子が千賀ちゃんにエッチな
事させちゃって。」と言うんだけど彼女の母は案外冷静だった。
「二人とも、もう18歳だもんねエッチしたくて我慢できなかったんでしょう?でも
こんな所でしてたら見つかっちゃうに決まってるでしょ。」と、あっさりとした言葉だった。

さすが元ヤンキーの彼女の母だと思った。
その後、カラオケに行くと言う事で彼女に彼女の母が「ブラとパンツは着けてこなかったの?
・・・じゃあ部屋に戻って下着を着てきなさい。」
と言っていた。


68:7-

10:2005/04/10(日)17:23:47
家に帰ってからも妹の美紀は僕に対して機嫌が悪かった。
美紀は僕に対して妙に世話を焼きたがる人間だし、一つ下の妹の方がまるで
姉みたいに僕の面倒をみたがっていたのだ。
それが妙に機嫌が悪くて、僕も少し怖かった。

家に帰ってから千賀とは電話を掛けたり掛けて来たりで仲良くなっていたし、
正月過ぎに彼女が原付バイクで僕の家に遊びに来た時の事。
僕と彼女が部屋で話しをするだけだったのに、美紀が僕たちを二人だけにさせなかったのだ。


69:7-

10:2005/04/10(日)17:25:30
「千賀お姉ちゃんはお兄ちゃんには似合わないし、あの人私は好きじゃない。」と言っている。
僕が千賀とシックスナインをしていた事に怒っているみたいだった。

僕も悪い事をしていたと反省している、妹の美紀が一緒に風呂に入りたがっていたのは
僕がエッチな悪戯をしていたからだった。
機嫌直しに美紀に一緒に風呂に入るかって言うと「お兄ちゃんの汚いチンチンなんか
見たくない。」と言い出して「千賀先輩に咥えられて汚いチンチンだからね。」と言い出した。
なんで妹に謝らなきゃいけないのか、僕は美紀に謝った。
それで僕は美紀にもシックスナインをするか?って言うと機嫌を直し妙に優しくなったのだ。


71:7-

10:2005/04/10(日)17:33:39
さすがに我が家の風呂場では狭くてシックスナインをする事が出来ないので夜部屋で
することにした。
千賀と仲良くなる前は自宅の風呂場で美紀にスケベな悪戯をする事に罪悪感を
持っていなかったのに、今度は美紀に性的悪戯をする事に妙な罪悪感を感じてしまった。
それは普通当たり前な事なんだけど、美紀が中学に入った頃から美紀の裸に性的な
物を感じ始めて悪戯をしてしまった。


72:7-

10:2005/04/10(日)17:45:21
僕と美紀の部屋は子供の頃から一緒の部屋だった。
その頃も2段ベッドで寝ていたのだ、家が狭かった訳じゃないので本当なら僕も
中学の頃から一人で部屋が欲しかったんだけど僕が一人部屋を使うと片付をしないで
部屋が汚くなるから美紀と一緒じゃなきゃ駄目だと言う事だった。
妹と一緒の部屋だとオナニーするのも大変だった、たぶん美紀も同じ事だったと思うけど・・・・。
一応ベッドの下が僕の寝床で上が美紀の寝床だった。


73:7-

10:2005/04/10(日)17:46:53
夜、僕がベッドに入ると美紀が全裸で僕のベッドに入って来た。
僕も全裸になると69を始めた。感覚的には千賀と69をするのとは全然違う感覚だった。
千賀との69では恋愛的な胸ときめく物が有ったけど、妹との69はそれが無いのだが、
性的興奮は最高だった。
2段ベッドの下と言う狭い空間で妹の美紀と全裸でコチョコチョと秘め事をする異様な
感覚を覚えていた。
「お兄ちゃんのチンチンは千賀先輩の汚い唾液で汚れたから、私の唾液でキレイに
しなきゃいけないの。」と言い出して、美紀は千賀の事を汚い物と言う気持ちでいる様子だった。


74:7~10:2005/04/10(日)18:02:01
最初はオイラが上の体勢で69をしていたんだけど、美紀が下だと苦しいって
言い出したから体位を変えてオイラが下になったんだわ。
オイラは美紀チャンのオメコをペロペロと舐めたり指を入れてピストンさせたりすると
美紀チャンは本気で悶えて気持ち良さそうだった


76:7-

10:2005/04/10(日)18:21:42
美紀とのシックスナインは妙な感じで千賀としているよりも落ち着いてリラックスした
感じだったのが怖く思えた。
まあ自分の部屋で夜両親が寝静まった後と言う事もあって見つかる事もなく
時間的な余裕も有ったし。

一つ一番感じたのが体臭だった、美紀のほうが若干なにか匂いを感じたのだ
おしっこの臭いではなくフェロモンなんだろうか?不思議な臭いだった。
普段、兄妹で一緒に居る事も多いし2段ベットの上下で寝ているけど
美紀の体臭は感じた事は無かった。
美紀は普段もコロンとか付けないし、身体からは石鹸の匂いと髪の毛からは
シャンプーの匂いだけが微妙に感じる程度だったけど、オマンコから妙な
フェロモンの匂いと言うのか感じてしまう馬鹿な兄貴だった。


84:7-

10:2005/04/11(月)06:08:51
何で美紀が千賀に対して嫉妬をするのかと言うと僕と美紀の関係に有るんです。
僕の両親は連れ子で再婚同士なので僕と美紀の間には血縁関係がなく、僕は父の
連れ子だし美紀は母の連れ子なんです。
戸籍には僕は長男となっていますが、美紀は長女とは書かれておらずただ単に子
とだけしか書かれていないんです。

僕が5歳の時に両親は再婚しているので記憶は有ります、当時はあまり良くは理
解出来なかったんですが、母と妹が出来たと言う事で僕は喜んだと言う記憶は有
ります。
美紀とは学年で言うと1学年違うんですが、誕生日では僕が2月生まれで美紀は
5月生まれなので3ヶ月しか変わらないんです、だから1学年違う妹と言っても
美紀の方がしっかりしていて僕の世話を焼いたりする姉みたいな所があるんです。


87:7-

10:2005/04/11(月)06:21:17
僕とすれば子供の頃からいつも一緒にいる可愛い妹という感覚しかなかったんですが、
美紀からすると僕に対して恋愛感情を持っていたみたいでした。

美紀が千賀に対してライバル心を持っていたのには、高3の9月に有った高校の
学園祭でのミスキャンパスコンテストで美紀は千賀に対してのライバル心が
芽生えていたらしかった。
ミスキャンパスコンテストで千賀も美紀もベスト8まで残ったんだけど、ミスキャンパスは
一人がミスキャンパスで準ミスキャンパスが3人選ばれる物でした。
二人ともベスト8まで来て水着審査になった。
その頃僕は千賀の事は気になる女の子だったけど、数回会話をしただけで
特に仲は良くなかったので美紀の一番の応援者でした。


88:7-

10:2005/04/11(月)06:22:23
水着審査では学校指定の紺のスクール水着を着ていたのは誰もいなくて、
それぞれ自分のお気に入りの水着で出てきましたけど、一応ビキニは禁止
だったんで男子はチョッと残念でしたが、当時はハイレグに近い競泳水着
が流行っていたので美紀はそれでした千賀は淡いブルーの水着でした。
でも千賀は準ミスの3人に入ったけど美紀はベスト8で落ちたんです。
その時に妙に女のライバル心が芽生えたみたいでした。

だから旅行で僕が千賀とシックスナインをしていた事に異様に怒ったし、
その後は僕のチンチンが千賀の唾液まみれになったと言って僕のチンチン
は汚いと言い出したのだ。
それで、その夜の美紀とのシックスナインとなったんです。
美紀は一生懸命僕のチンチンをしゃぶっていましたね、僕も美紀の性器を
舐めたり指を入れたりして美紀が本気でイクまで激しくしていた。
美紀は僕が射精するまでに3回くらいはイッタみたいでした。


89:7-

10:2005/04/11(月)06:24:56
今まで風呂場で美紀に対して悪戯していたけど、美紀は僕のチンチンを口
に入れたのは初めてだったんです。
それまで美紀は僕のチンチンを手で触ってシコシコした事は有って、僕の
精液を見た事は何度も有りました。

ちょっと古い話しですが僕達は両親に激怒された事がありました。
美紀と一緒に風呂場で遊んでいた時で僕が中3の時だったかな、美紀の性
器を指で激しく擦ったりした時でした、美紀が声を上げちゃって風呂場の
外にいた両親に聞こえてしまった事があり、その時は僕も美紀も両親に叱
られた事がありました。
二人とも裸のまま風呂から出されて、その時は11月だったけど寒いのに
裸のまま外に出されて頭を冷やせって2時間近く夜の庭先に立たされた。


90:7-

10:2005/04/11(月)06:26:40
まあそれで反省する二人じゃなかったんですけどね、
でもあの時はマジで寒かったし両親に怒られて怖かった、僕もかなりスケ
ベな人間だって実感しました。
親父もお袋もその時は鬼の形相でしたね、それも美紀の顔や胸には僕の精
液が飛ばされてベットリと付着したままだったし僕の指には美紀の愛液が
ベットリと付着してる。
その時美紀が両親に対して「私やお兄ちゃんを連れて再婚したお母さんや
お父さんが悪いのよ。」って言ったら、お袋が美紀を平手で顔を叩いたのを
思い出す。
お袋は普段は優しくて美紀を怒ったりする事はなかったし僕を怒る事もな
く実の子供として育ててくれていた。


91:7-

10:2005/04/11(月)06:27:30
外で2時間くらい全裸のまま反省させられて身体は冷え切った、それで家
に入れてもらって「もう一度お風呂に入って身体を温めなさい。」と許して
もらえた。
それで美紀と一緒に風呂に入るのは出来なくなったなぁと思ったけど、そ
れ以降も週に1~2回は一緒に入っても良いと言われた。


92:7-

10:2005/04/11(月)06:35:24
話しは戻るけど、美紀とシックスナインを済ませてしまうと頭の隅から
千賀の存在が薄れていました。
翌日から3学期で学校でしたが、学校に行く時に美紀は僕と手を繋ぎた
がって仕方なし照れ臭かったけど手を繋いで学校に行った。
僕の友人らは「おまえら兄妹で仲が良いなぁ。うらやましいよ。」
と言って俺をからかうんだけどね。

学校の下駄箱の所で美紀とは別れて教室に向かうと途中で千賀子に出くわした。
「おはよー今朝も美紀ちゃんと一緒に登校したの?」
「あっ、うんそうだよ。」
「美紀ちゃんは可愛いからお兄ちゃんとしては嬉しいでしょ?」
と言われて少し照れくさかった。



93:7~

10:2005/04/11(月)06:42:40
千賀とオイラはクラスが違ごうから途中まで一緒に話しをするつもりだった
けんども、千賀がオイラの教室の中にまで入って来たんだ、それで少し
オイラと話しをしていった訳なんだわな。
オイラの悪友たちが「おまえ今日はモテモテじゃん、妹の美紀ちゃんに
今度はD組の田中千賀子かよ、正月になんか有ったんか?」
と言われる始末で困っちまったよ。



94:7ー

10:2005/04/11(月)06:52:56
教室に入ってから僕はニヤニヤと微笑んでいたので、クラスの女子が
気味悪がって「どうしたの隆志、朝からニヤニヤしてるけど。」
「別に何でもないよ、ただ考え事をしていただけだよ。」
と答えたけどまあモテた事のなかった僕が朝から嬉しい物でした。

その日学校が終わった後に千賀の家に行く事にした。
学校から僕の家は歩いて15分程だけど、千賀の家は僕とは反対方向
で歩いて25分ほどだったので、僕は一度帰ってから原付バイクで彼女の
家に遊びに行った。

家には彼女しかいなかった、両親は仕事だし姉さんは大学に行っているので
二人だけになれた。
彼女の部屋に行くと彼女は下着姿になって、それで普段は下着の上にTシャツ
と下はパンティの上に男物のボクサートランクスを履いてるんだと話して
いたけど、裸になってしまった。



95:7ー

10:2005/04/11(月)07:06:01
僕も彼女も全裸になって彼女の布団の上でシックスナインを始めた。
彼女の部屋はベッドではなく布団で寝ているらしく布団がたたまれていなくて
敷いたままだったので、そこで二人で絡み合った。
一日学校に行ってきた後でシャワーとか浴びていないので彼女のオマンコは
少しおしっこ臭い感じもしたけど、それが興奮を誘うものだった。
「千賀ちゃん、セックスしようよ。」って言うと彼女は少し動きを止めて
しばらくして「セックスはまだ駄目だよ、これで我慢してよ。」
「千賀ちゃんはバージンなの?」
「一応は本物の男の人のオチンコじゃバージンだよ。」
「なんなの、一応って?」
「電動コケシで遊んでるから、玩具で処女貫通式は済ませちゃってるよ。」
「じゃあ良いじゃない、セックスしちゃおうよ。」って言うと絶対駄目って
言われてしまった。



96:7ー

10:2005/04/11(月)07:15:21
それで一度ストップして彼女は布団の上で座り込んでいる時に彼女の
部屋の中を少し見回すとスチール棚のところに黒い電動コケシが有った。
それを持って来て彼女のオマンコに入れようとすると、「恥ずかしいよ。」
って言うけど彼女の身体の中に電動コケシを挿入してしまった。

彼女は身体を震わせて気持ち良さそうだった。
いつもこれで遊んでいるらしく棚に置いてあった時も先っぽが濡れていた
たぶん学校に行く前に朝からオナニーしていたんだろうと思えた。
その日はシックスナインと彼女のバイブオナニーを見てそれ以上はしなかった。


97:7ー

10:2005/04/11(月)07:26:26
家に帰ると美紀が「どこ行ってきたの?」と聞くので「ちょっと遊びに
行って来たんだよ。」と答えると女の感というか「千賀先輩の家に行って
エッチして来たんでしょ?千賀先輩になんかチンチンを舐めさせちゃ
駄目だって言ったでしょ。」とまた怒ってしまった。

僕はなんだか戸惑ってしまった、美紀を妹として見て良いのか、それとも
女として見て良いのか解らなくなっていた。
女として見るのなら千賀よりも美紀の方が可愛いし性格も合うから楽しいし
エッチしても精神的にスゴク安心できるし悩んでしまう。

よかったら投票をお願いします!