1 / 3 】 【 2 / 3 】 【 3 / 3

さて、25にして素人童貞を卒業、しかもその相手はブロンドのロシア人、しかも子持ちの人妻、という派手なデビューをした俺は、情けないことに24時間エリヴィラさんの白いボディのことを考えるようになってしまった。
週末にドライブに誘う時、そしてラブホで関係してしまう前には、

「人妻だしやべーよ、金目的かなこりゃ?、会社にばらすとかいわれるんじゃないか?外人はよくわかんないからな、1回やってうまく距離を置きゃいいか?」

くらいのヒジョーに卑劣な考えも持っていた俺だが、いざエリヴィラさんのナイスバディ&人妻テクを経験したあとは、
「ダンナと別れて俺と一緒になってくれんかな」

と思うくらいになっていた。まあ童貞がのぼせ上がってる状態になったわけだ。



月曜日会社に行くと、エリヴィラさんは何もなかったようにニコニコと挨拶、最近俺以外に先生役をしている女子社員と笑いながら話していた。
セミロングのブロンド、青い目、柔らかかった唇、スーツの下でも隠せないオパーイ、腰周り、スリットから覗く太もも・・・。
俺の脳内では、エリヴィラさんの服が消えてなくなり、おとついあれだけ味わったボディが裸のまま椅子に座り、パソコンに向かっているように思えた

いかん・・・。これは変態だ・・。

25年間素人童貞だった最大の理由、それは外見的要素よりもむしろ押しの弱いうじうじとした性格にあったと思われる(ま、外見だってたいしたもんじゃないけどね)
嫌われる前にこちらから無視、相手を好きになればなるほどばれない様に無視

そういうまったく意味のない自意識過剰がこんかいも発動、俺はエリヴィラさんとの会話を超事務的に済ますことに決めた。
目に入る情報として、ナイスバディが脳に到達してしまうのは避けられなかったが・・。

昼休み、俺は先輩の食事の誘いを断り、支社の隣の棟に向かい、7階の身障者用トイレで自分を慰めた。
そうでもしないといきない「ムネ!!!」とか「裸!!」とか叫びそうだったからだ。


クールな俺の月・火・水・木が過ぎた。

金曜日、見事にクールを演じているつもりの俺が、クールにエリヴィラさんと仕事をしていると、彼女がメモ用紙に

「きょういえにいってもOK?」

と書き、ニコニコしながら俺にその紙を渡した。
激しくうなずく俺。あやしかったんじゃなかろうか・・。
「かいしゃおわて7時半くらいにいきます」

彼女は再びメモを渡してくれた。

俺のワンルームマンションにやってきたエリヴィラさんは、ジーパンとトレーナーというカジュアルな格好だった。経験値0のクセに想像力に優れた俺は、会社でのフォーマルな格好のまま・・などとグルグル妄想していたので少しだけがっかりした。
エリヴィラさんは冷蔵庫を開けると、「やっぱりノコッテマスネ」と先週二人で買った材料を取り出し、簡単な料理を作ってくれた。
シチだかチシだかいうキャベツのスープとパンだ。

横に座って、笑いながらテレビを見るエリヴィラさん

俺の視線はもちろん、アンクレットをつけた白い足首から、ジーパンの太もも、腰、胸、うなじ、耳・ピアス、唇・青い目・ともう嘗め回す嘗め回す(もちろん横目でちらちらとだ)
「エリヴィラさん・・寮って門限あるんですよね?その・・大丈夫?」

早くしないとセックスできない・・といってるようなもんだなこりゃ

「きょうはナースチャにウソたのんでます。大丈夫ですよ」

ナースチャ?あ、韓国イルカね。
「その・・・俺のところに行くって言いました?いや、それで全然いいんですけど」

「だいじょうぶです。トウキョウの友達にあいにいきますといいました。ウソですね」

エリヴィラさんはテレビを消して、俺にしなだれかかってきた
「ゆっくりできます。きがえももってきたから日曜日までいていいですか?」

来た・・・週末セックス天国with金髪ロシア人!!

俺は逆上してキスをして、そのまま床に押し倒した

「まってください・・あの・・・電話ツカッテモイイデスカ?」

で・・電話・ダー、、ダー、、でもどこに?

「アリョー?」

え、ロシア語?、、

それから2時間、おそらくご主人と子供とお母さん?とエリヴィラさんは話し続けた時々俺の脚を触ったり、顔を見てにっこり笑ったり・・。
ま、電話代大変だもんな、俺別にそんなにつかわないし、でも浮気相手?の家から御主人に掛けるってどうよ?大陸的?

所在無い俺はタバコをベランダですったり、音を消したテレビを見たり、「ロシア語入門(何買ってんだ・・)」を読んだりしてた。

「だすだびだーにゃ・・」
エリヴィラさんが電話を切った。

怒ってないよ俺は大きな男だからという雰囲気をかもし出してるつもりの俺
しょっと上目使いに俺を見ると、言いなり抱きついてキスをした後、
「シャワーつかいます」といってユニットバスにエリヴィラさんは消えていった。

エリヴィラさんは電気をつけっぱなしでもまったく恥ずかしがらない

おかげで俺は、セミダブルのベッドに彼女の白い体を組みふして、じっくり眺めることが出来る。
とりあえずオパーイにむしゃぶりつく、この手に余る感触が・・・

キスをしながら胸をもみ倒す、太ももを触り倒す・・・。

今日のテーマは、そうクンニリング!もう素人童貞の俺とは違うんだ
俺はエリヴィラさんの脚の間に頭を入れて、黒い茂みに口を突っ込んだ。

覚悟していた匂いそれほどなかった。
「ニエット・・・・」
軽く手で俺の顔を離そうとするエリヴィラさん、でもやめないよ。

しかし・・

困った・・。どこを舐めていいのかわからない。

途方にくれて入り口周辺を舐める俺・・。
中途半端に小さく声を上げるが、おそらくポイントをはずしているのだろう、時々ちらちらと俺を見るエルヴィラさん。
あせった俺は、膝立ちになって思い切って言った

「え、、グジェー?、、その、、どこ?」

エリヴィラさんは、いきなり吹き出し、何か言おうとしたが、我慢できずに笑い転げだした。

にやにや笑うしかない俺、ようやく笑いをこらえると、エリヴィラさんは俺にナイスバディで抱きつき、早口のロシア語で話し始めた

何を言っているか分からない。

困った顔をしても日本語で話してくれないエリヴィラさん、どうもおれにベッドの上で立て、といっているみたいなので言う通りにする。

きました。仁王立ちフェラです。

ちょとざらざらの舌と柔らかい唇で俺のを咥えたりしゃぶったりするエリヴィラさん
もう素人童貞じゃないから、相手を愉しませてゴルゴのようなセクースを考えていた俺だが、ああ、、きもちいい・・・。
時々俺の目を見ながら、いつもより低い声のロシア語で何かを言うエリヴィラさん

何言ってるんだろう?もしかしてすごーーくいやらしいことを言っているのか?
エリヴィラさんの唾でてかてかになった俺のに、ベッドサイドの引き出しからこの前使ったゴムを取りだし、なんと口でかぶせていくエリヴィラさん
「んん、、、、あひ・・・」

あ、俺の声ね

かぶせ終わると、ベッドにもたれて、俺の方に脚をだらしなく開き、怖いくらいに色っぽい目で俺に何かを言っているエリヴィラさん。
口調も変わって、声も低くなってる、何か怒られているみたいだ。。。あれか?

ぶちこんで!とかいってるのかな?

俺も結構盛り上がって、エリヴィラさんの二の腕を掴んで、腰を入れて一気にぶちこんだ。

先週と違い、低い声でうめき声をあげるエリヴィラさん、俺は異常に興奮してどんどんピッチを上げる。

俺の腰を両足で締め上げて、下から突き上げてくる。

この前よりすごいよ、、、。

俺は良くわからないうめき声を上げながら、どんどん腰を振った


日曜日の夕方まで、俺とエリヴィラさんはやりっぱなしだった。

俺がコンビニにご飯を買いに行ったり、シャワーを浴びたりする以外は、本当にやりっぱなしだった。
始めて口の中に出したり、しっかり舐めるポイントを教えてもらって69をしたり、立ちバックもしたりオパーイではさんでもらったり、、、、。

もう俺はエリヴィラさんと結婚するしかない、と真剣に思った


日曜日の夕方、とりあえず今週最後のセックスとして、初心に帰って正常位で乗っかって胸をしゃぶっている時、彼女がいきなり

「おねがいしてもいいですか?」

と言い出した。

簡単にまとめると、
「来週金曜にダンナと子供がウラジオストックから来る。寮だと子供の料理を思うように作ってあげられないし、部屋が狭い。かといってホテルに月曜日までいたらお金が高くつく」
つまり、俺の部屋を金曜日・土曜日・日曜日・月曜日と貸してくれないか、ってこと?

え?俺とセクース、、俺のをしゃぶったり、バックでやられたり、俺の上で腰を振って胸を揺らしてロシア語であえいだりしたこの部屋でご主人と子供?

っていうかその間俺は?

下から青い目でじーーとみつめる彼女にl、おれはつい「ダー」と言ってしまった。。


木曜日の午後11時、俺は自宅のワンルームマンションのベッドに、大股を広げて座っていた。
脚の間には、後ろの大きく開いた黒のカシュクールのドレスから見える、真っ白な背中がゆっくり上下に動くのが見える。
もちろん俺の愛する(おいおい、いつのまに・・)ロシアからの人妻研修生、エルヴィラさんの背中だ。

俺の勤務する支社では、この不景気に業績が好調だとの理由と、特許申請が二期連続支社間トップだったことを記念して、本社から取締役が出張訪問、市内のホテルでちょっとしたパーティーを開くことになった。
この取締役は、ここで昔支社長をつとめていて、ロシアとの商売にもふかーくかかわっている人間だ。

パーティーを開くにあたって、エルヴィラさん他ロシア人研修生達が、取締役のご機嫌をよろしくするために「準主賓」扱いになったのは当然かもしれない。

「フォーマルな格好をしてくるように」とのお触れで、女子社員は結婚式のような格好でパーティーに参加させられた。
衣装のレンタル費用は会社もち、という、なんといったらいいのか、今の支社長の上昇志向が伺われる。
まあ、それはともかく、パーティー会場で、ひときわ目立ったのはもちろんエルヴィラさんだった。

なんと自前らしい黒のドレス。前は深いVネックが入り、あの胸が嫌でも強調される。
後ろはパックリあいて、綺麗な背中が鑑賞できて、もう眼福眼福。
普通、こんな格好は女子社員に引かれたりするものだと思うが、エルヴィラさんみたいな金髪の外人はそういう対象にならないらしく、

「きれーい」「かっこいいー」などと彼女の周りには、他の部所の女性も集まってきていた。

むしろ男のほうが遠巻きに、

「おいおい、あれってシステムの研修生だろ?マジかよ」やら
「会社で見たときからいいなーと思ってたけど、あの格好エロすぎ」やら
「ロシア語勉強して昼飯誘うことに決めました」など仲間で話すだけで、2.3人の勇気ある奴を除いて遠巻きに眺めているだけだった。
取締役もお気に入りらしく、片言のロシア語で話しかけてはいたが、そこは若くして出世した男、理性を働かせて、韓国イルカやホーキングとも区別することなく談笑していた。
俺は支社でも下っ端の方なので、滅多に会わない同期や、普段あまり接することのない他部所の後輩と、色々な雑用をしていた。

ただ、

「どうだ、美人だろ。俺はこの美人に口でしてもらったりバックでぶちこんだり、胸ではさんでもらったりしてもらってるんだいいだろー」と心の中で優越感に満ち溢れながら、楽しそうに話すエルヴィラさんには近づかずに、ちらちら見ていた。
そんな俺と目が会うと、口元だけで笑ってくれるエルヴィラさん。

パーティーは九時に終わったが、みんな牽制しあってエルヴィラさんを二次会に誘う人間はいない。
取締役や支社長はホーキンズを連れて2次会に行き、韓国イルカはデザインの人間と居酒屋に流れたらしい。
クールな人間が多い(まとまりがないとも言う)システムの人間は自然にばらけた。
俺もタクシーを拾って、何人かで市内まで戻ろうかとした時、非通知の電話が携帯にかかってきた。出てみるとエルヴィラさんだ。
俺は他の人に、忘れ物したからホテルに戻ってくる、テキトーに帰ります、と言い、何人か勇気ある奴らの二次会の誘いを巻いたエルヴィラさんが待っている、ホテルから少し離れたコンビニに急いだ。
「惚れられた?ちょっとやばい?」
ニヤニヤしながら二人でタクシーに乗り、俺のマンションに向かった。
鼻息を荒くして部屋に入ろうとすると、火曜日に納車されたばっかりの俺の中古車を見たい、といい、マンションの駐車場に行くとドライブしたいといい、乗ってみると、明日からの4日間に必要なものを買いに行きたい、と言った。

大量の高級和牛、豚肉、ステーキ肉、気に入ったらしいポンジュース、子供の服、牛乳、ミルク、刺身、じゃがいも、サワークリーム、トマトピューレ、小麦粉、イクラ、ヨーグルト、子供のぬいぐるみ・・・。
少し離れた国道沿いのショピングモールで、エリヴィラさんはものすごい量の買い物をした。

払うそぶりはしたが、それは俺もわかっている。もちろん支払いはさせてもらった。
俺の中で、(金づる?、、)との疑惑が少しだけ浮かんだことが、俺が先週の日曜日、部屋を貸すことを同意してから浮かんでいた計画を実行しようと決意させた。
子供のおみやげに買った大きなぬいぐるみをかかえつつ、量販店で買えば大分安いデジタルビデオを買って、再び俺のマンションに向かった。
帰りの車中、デジタルビデオは週末に使いたいけど、ご主人とお子さんが帰るときにはお土産に持って行ってください、と伝えると、エルヴィラさんは、スバシーボ、アリガトウ、と繰り返していた。

食材を冷蔵庫に入れ(パンパンだってーの)、紳士的に(というか、いつもの弱気さで)寮まで送りますよというと、エルヴィラさんは抱きついてきて

「Спосибо!トテモヤサシイデスネ」
というと、店員さんのような口調で

「シトビーハチーチェ?」

とおどけた口調で俺に言った。
何を隠そう、俺のロシア語会話能力は驚異的に上昇している。
もしかして語学の天才かもしれない?理系に言ったのは間違いだったのかも?と思ったほどだ。
俺はエルヴィラさんの小さくて彫りの深い顔、パーティーのままの服装から覗く白く豊な胸、耳のピアスを見ているとどんどん興奮してきて、

「Это、プラーチェ・・。・・ムネービーザー・・。ええと・・。そのまま・・きたまま・・イズイーク?、、、」
エルヴィラさんはじっと考えていたが、やがてにっこり笑ってうなずき、俺をベッドに座らせ、脚の間に入って俺のスーツのベルトをはずし、ズボンを下ろしてトランクスを下ろし、飛び出してきた俺のものを優しく握ると、舌を出して

「イズイークはコレ。マチガエタ?・・・сьесть・・タベル・・」

と言うと俺のに唇をかぶせて「イズイーク」を先の部分に擦り付けた。

あうたびに気持ちよさが増すのは、エリヴィラさんの俺への愛情が深まっているからか?それともテクを小出しにしているのか?
俺が一番好きな、「仕事のスーツ」ではないものの、パーティー用にいつもより来いメイクとドレス姿でのフェラは格段に興奮する。
俺と二人で会ったときには、いつも(といっても2回だけだが)カジュアルな格好だっただけに、今日のエリヴィラさんは強烈に色っぽく見える。
耳のピアスが揺れ、時々俺を見上げながら、ドレスの胸元を見せ付け、長めの舌が俺のの根本から先っぽまで舐めあげる。
俺はうめきながら、手を伸ばしてドレスの上から胸を思いっきりもむ。
エリヴィラさんは声を上げず、綺麗に整えた眉をひそめる。
明日から夫と子供と過ごす部屋なのに、大丈夫かなこの人。。。なんて理性的な思いも、後半の新技の前に砕け散った。
俺のを全部飲み込み、舌を伸ばして俺の二つの球を舐めまわす。
この前まで素人童貞だった俺は気持ちよさにお尻を浮かせて

「っひ・・・ひょ・・」

と変な声を出すだけだ。

おまけにいつもよりエルヴィラさんのよだれが妙に多く、口の中でのあたたかさ、唇が括れの部分を通過するときの滑らかさが格段に違う。
俺は5分ほどで限界を感じ、肩を叩いて首を振り

「ザーコンチチ・・やめて・・・」
とすすり上げると、エリヴィラさんは舌を伸ばして俺の出口にあて、よだれでびちゃびちゃになった俺のをゆっくり指でさすり上げた。
吹き出した俺のが、エリヴィラさんの赤い舌に当たりながら、口の中や唇、鼻に散らばるのが見えた。
一発目を舌で受けると、そのまま唇をかぶせて飲み込んでくれた。

そのままベッドに上がり、ドレスを脱がせて、下着を剥ぎ取り、お口で装着後一気に上からおさえつけ挿入。
もう俺的にはおなじみになった、入っていくときのエリヴィラさんの小さな悲鳴。
1回目より2回目、2回目より今日のほうが激しいエリヴィラさんの舌からの腰の突き上げに、俺はペース配分も考えれず腰をふりまくり、あえなく発射した。
さらにこのたまらない体を貪ろうと思ったが、俺には今日中にしなければいけないことがあった。
不思議そうな顔をするエリヴィラさんに、部屋の掃除をしなければ、ご主人と子供に悪い、といって服を着て、寮に送り返した。

悪いってねえ・・。人の奥さんの体を食べまくって言えたことかって感じですけど。


エルヴィラさんが帰ったあと、俺はもちろん掃除もした。
エロ本やら飲みさしのペットボトルやら、スピリッツやら、捨てられるものは分別を無視して黒のゴミ袋にれ、、車に放り込んだ。
そして、買ったばかりのデジタルビデオを取り出し、大学時代に「家電王」と自称した知識を総動員して、計画を練った。
何の?もちろん盗撮だ。

長くなりすぎたのでいったん切ります。
訪日編にならなかったですよね・・。
ここらへんは思い出が多すぎて・・すいません。。

続く
よかったら投票をお願いします!