7年前、俺がバイトしていた会社の社員さんで、27歳の肉感的な女性がいた。
その人は明るい性格で、煩いくらいのしゃべり好きだった。当時童貞だった俺は初めての人は静かなタイプのお嬢様系と決めていたので、眼中に無かった。
ところが俺はなぜかその人に好かれていたようで、よくちょっかいを出されていた。何かにつけて、俺の腕や手を触ってくるのでウザいと思いつつ、ゾクッと感じたりもしていた。
ある日、早番で仕事が終り、その人と駅まで歩いていた。
「今日、一緒に飲まない?」
本当は嫌なはずなのに、そんな誘いにOKした俺。
近所のどこにでもある居酒屋でくだらない話をして、ひとしきり盛り上がった。俺も酒が入っていたせいか、いつものボティータッチも気にならなかった。
店を出てすぐ、女性のアパートで飲み直そうとの誘惑が…
この人が俺の初めての人になるのではという不安や期待が混じったまま、アパートに進入した。


近所のコンビニで買いこんだ酒を飲みながら二人でテレビを見ていた。初めて女性の部屋に入った俺は居心地の悪さを感じ、落ち着かなかった。そんな俺を察してか、一息付けるつもりなのか、彼女はシャワーを浴びに行った。
一人になれた俺は落ち着くはずが、ますます固くなってしまった。どれだけの時間が経ったか覚えていないが、パジャマに着替えた彼女が出てきた。
シャンプーの匂いが心地よく、上気した肌が色気を感じさせた。暫く黙っていた俺に、彼女はシャワーを勧めた。

「今日は忙しくて汗かいちゃったでしょ?シャワーでも浴びてきたら?」
童貞の馬鹿な俺は何の疑いもなく、素直に応じた。

黙々と身体を洗っていると、背後の折戸が開く音がした。一瞬何が起きたかわからなかった俺はおどおどするばかり。
「背中流してあげる」
そこにはバスタオルを巻いただけの彼女が立っていた。
俺は動揺しつつ無愛想に断わった。いや、童貞の俺にはこれが精一杯だった…
言われるがままに背中を流してもらう俺は、下腹部の煮えたぎる魂を鎮める事に集中したが、もはや不可能であった。
彼女が何かを話しかけてきていたが、上の空であった。
背中を流し終えた彼女は出ていくどころか、石鹸が自分の身体にかかったと言いつつ湯船に入ってしまった。
俺は熱くなった下腹部を悟られないように、前屈みになりながら残った部分を洗っていた。

全て洗い終えた俺は逃げるように出ようとしたが、強引に腕を掴まれ湯船に引き込まれてしまった。
「もう、身体を洗ったあとはお風呂に入らなきゃダメでしょ!」
小さな子供が母親に叱られる様であった。
嫌でも視界に入ってくる裸体は、制服に隠された妄想の物そのものであった。男性には無い美しい曲線を描いた肢体は、唯一見たことのある母親のそれとは別次元の、フルーツのような瑞々しさであった。
胸の高鳴りを抑えきれない俺は、目の前にある裸身を凝視してしまった。
その様子に彼女は怒り始めてしまった。私がここまでしてるのに何もしないなんて、馬鹿にしてるのと…
彼女は真剣に怒っている。
慌てて取り繕ったが、全く収まる気配が無い。意を決した俺は、
「初めてなんです。女の人の裸を見るの…」
二十歳を過ぎて童貞だった俺は恥ずかしいやら情けないやらで、なぜかとめどなく涙が溢れてきてしまった。
「したこと無いの?女の人と…?」
意外そうに俺を見つめる彼女は、いつもの明るい表情に戻っていた。

「よしっ!」
彼女は気合いを入れるかのように一言呟いて浴室を出ていってしまった。
俺ものぼせそうだったので、浴室から出た。貸してもらったタオルで身体を拭いて帰ろうと服を着ようとしていると、ベッドに腰かけているバスタオルを巻いただけの彼女が俺を横に来なさいと導いてくる。
「私でいい?」
「えっ…何が?」
「私と思い出を作ってみる?」
俺には首を縦に振ることしか許されなかった。

「これから全て私の言うことを聞きなさいっ!」
はにかみながら命令する彼女は、俺が夢見た優しいお姉さんそのものであった。
立つように指示され言う通りにすると、シャツから順に下まで脱がされてしまった。
俺の隆起した部分を凝視したあと、先端に優しくキスをしてくれた。
「まずは女の人の身体の勉強から始めようね」
中途半端に愛された突起は爆発寸前だったが、約束通り言う通りにした。

彼女は高級なフルーツを包んでいる包装紙のようなバスタオルを丁寧に外した。包まれていたのは、先程浴室で見た裸身以上に熟したと思うような上気したものだった。
「ドキドキする?」
百も承知のことを呟きながら俺を挑発してくる。
「ここを触ってみたり舐めてみたりして…」
タガが外れた俺は目の前にあるものを夢中で口に含んだ。
「ンッ…」
痛いのか、気持いいのか、判断に困るような気持ちだった。
「やっ…」
初めて耳にする女が悶える声。それも数時間前では、ただの職場の社員のお姉さん。そんな人が俺の愛撫によって鳴いている。
彼女は俺の顔を乳房から引き離すと、焦点の定まらない瞳で見つめながら、床に座るように指示した。

「ここを見るのも初めてだよね」
彼女は恥ずかしがりながら、そこを見せてくれた。正直言って非常にグロテスクな物で、漫画で見たものとはかけ離れた印象に、どうしていいか分からず、また凝視してしまった。
「中指だけ出してみて。ファックユーって感じで…」
言われる通りにすると、彼女は俺の手を取り誘導してくれた。そこはヌルヌルしていて、これが濡れるということなのかと馬鹿な質問をすると、彼女は黙って俺の指を自分の好きな様に動かした。
「ここは特に敏感だから、優しくしないと嫌われちゃうぞ!じゃあ、自分で動かしてみて…」
許可が出たので、教えられたように彼女の芯をまさぐった。精一杯に丁寧に。湿潤した部分は俺の指を飲み込んでしまった。まずいと思い、すぐに指を出してしまったが、再び入れるように言われ、今度はその指を前後に動かすように指示された。

「やっ!気持いい…ンッ…ンッ…」
俺の指一本で、彼女はこんなに喜んでくれるのか?いや、童貞だった俺を励ますつもりで、わざとそんな声を出しているのか…
ビデオで見たやり方で激しく指を動かしてみた。加藤鷹のイメージで、俺も自然に唸るような声が出た。
彼女の腰はあらゆる方向に不規則に動く。まるで、火にかけられたアワビのように…
声にならない声…彼女は俺の中指一本で従順になっている。自然と自信が湧いてきたようだった。
「ンッ…もう…やっ…はっ…イヤッ…ン……!」
「ダメ…」
激しく前後動を繰り返す腕を制止する彼女。
彼女は荒い息を吐きながら、暫くうずくまっていた。

「もう、私をイかせてなんて一言も言ってないよぉ!」
わざとムッとしたように言う彼女。もはや、そこにいたのは職場のお姉さんではなくメスであった。
「クンニって、知ってるよね?好きな様にしてみて…」
雑誌で見たヌードグラビアより濃い目の陰毛をかきわけ、そこに辿り着いた。
先程の愛撫により、小便を漏らしたかと思う程濡れている部分を荒っぽく舌で掻き回した。初めて見るはずなのに、クリトリスの位置はすぐに探し当てた。

そこを愛すると、彼女の反応が更に鋭くなった。童貞の稚拙な愛撫に応えてくれる彼女に、いとおしさを感じながら一生懸命舌を円を描きながら躍動させた。
急に彼女は俺に仰向けになるように言った。そう、これが69なのか。目の前に迫る彼女の熱い芯。引き続き愛撫していると、俺の先端が熱くなった。食べられているような感触…優しく包んでくれる…
ただでさえ沸騰しそうな俺の下腹部が臨界点に達しそうになったが、歯を食いしばりながら耐えた。俺が優しく愛撫すると、同じように応えてくれる…一人でするのとは違う、こみ上げてくるような津波のような…
「あっ!」
果ててしまった。
彼女の口の中で。
怒られると思い、恐る恐る彼女に聞いた。
「すっごい濃いのが出たね。喉の奥まで熱かったよ。でも、口に出されるのが嫌な女の子もいるから、気を付けてね」
と、果てたばかりの先端に口をつけ、残った精液を吸い取ってくれた。
「あふぅっ!」
「かわいい」
全て拭き取ってもらい、彼女のベッドで一休みとなった。

二人とも汗をかいてしまったので、入浴しようということになった。
最初のような緊張感は無く、恋人同士のように仲良く洗い合った。彼女の身体に触れているうちに、再び熱いものを感じてきた。彼女もそれに気付いて、互いにはにかみながら浴室を出た。
「まだ勉強は終ってないぞ」
彼女は俺の乳首にキスをしてきた。俺は負けじと彼女を押し倒し、二度目に突入した。慣れたせいか、俺は自分なりに彼女を愛した。舌を尖らせ、乳房から脇腹、そしてまた、乳房を…
乳房と下腹部を同時に愛することも覚えた。嬉しい…セックスって、こんなに気持ちいいものだなんて…
AV男優がするような技も試してみたりした。溢れ出る愛液を音を立ててすすると、羞恥心からか、太股で俺の顔を挟んできたりした

「挿れてみたい…」

覆い被さって正常位挿入を試みる俺に彼女は、
「……」
「ンフッ」
彼女はベッドから離れ、机に置いてある仕事へ行くときに使っているスカイブルーのトートバックから、小さな四角形の包装パックを取り出した。
「エチケットよ。本来は男の人が持ってなきゃネ。今日は私が着けてあげる」
銀色の包装を破ると、中からラテックスを取り出した。俺が呆気に取られていると、彼女はニヤニヤしながらそれを俺の先端に当てがい、ラテックスの先端を摘みながら、もう片方の手でスルスルと装着してくれた。
昔、自分でそれを買って装着練習をしたことがあったので、違和感は無かった。ただ違うのは、今、本来の目的で使用したということだ。
臨戦体制に入った俺は、仰向けになるように指示された。彼女は何やら呟きながら俺に騎乗した。今でも忘れないあの笑みを浮かべながら…


次の瞬間、口で愛された以上の温かさで包まれた…
彼女の鼻息が俺にかかる。目の前に垂れ下がっている二つの乳房がいやらしく揺れている。
「どう…?」
「女の人の中は凄いでしょ…?」
全身が性器になったような彼女の躍動…鼻の孔を拡げながら騎乗する彼女の表情は不細工だが美しくもある…
これがセックスか…
これがセックスか…
心の中で呟いた。
「大っきいよぉ…」
彼女は更に激しく躍動する。パクパクと膣が茎を締め付けているのがわかる。
「アハァッンッ!」

騎乗していた彼女はスイッチを切ったかのように、覆い被さってきた。暫く動かない…きっと次は俺の番なのだろう。優しく彼女を騎乗から解いてあげた。
正常な体勢で一気に突き刺した。
「やぁんっ!」
教えられた訳でもないのに、俺の腰は前後動を開始した。

熱い魂を打ち込む度に、彼女の熱い吐息が漏れる。
「はあぅっ…んっ…んっ…んっ…んっ…」
俺はうなされたように、ひたすら打ち込んだ。
リズミカルな吐息…
先程彼女の口内に漏らしたので、長持ちしそうだ…
肉と肉がぶつかり合う音と二人の熱い息だけが聞こえる…
俺の魂を引き抜いて、彼女を犬のようなスタイルにさせた。その際アヌスが見えた。花の蕾のようだったが、ヒクヒクと痙攣している。思わず指で衝いてしまった…
「イヤッ!そこはだぁめ。ヘンタイさんがいじる所だよ!」
拒んでいるが、照れながらであった。
動物の交尾のような姿勢で挿入。正常位とは違う感触。動物的だ。彼女の汗ばんだ背中が輝いている。浮き上がった背骨がいやらしい。

肉がぶつかる度に、尻の肉がプリンのように波立つ。
「パンッ…パンッ…パンッ…」
彼女は最初のうちは自らの両腕で身体を支えていたが、力尽きてきたようで顔をシーツに沈めてしまった。
「ウゥッ!ウゥッ!ウゥッ!…」
いよいよクライマックスが迫ってきた。
「俺、イキそうだよ!」
彼女はシーツに顔を沈めたまま許可してくれた。
最後のラッシュだ…
獣のような声を出しながら彼女は昇天した。そして俺は魂の全てを吐き出した…
余りの衝撃と疲労からか、俺は突起にラテックスを着けたまま眠ってしまった…

何時間睡眠したのだろうか、目が覚めたらそとは朝…どころか、昼過ぎの主婦向けドラマが放送されてうるような時間だった。
俺は休みだったが、彼女は出勤日だった。当然上司に叱られてしまった…
「私が寝坊した理由は二人の秘密ね!」
本当に素敵な思い出となった。

よかったら投票をお願いします!