俺の童貞喪失の話だけど
まず突きあい始める前からの話から書かせてください
学年末試験中で
学校は半ドンで普通はみんな帰って勉強をするのに俺とヒロシと麻衣(もちろん女)
で制服のまま学校の近くで遊んでた

学校の周りは海と畑と運輸会社しかなかったから当然することがなく暗くなるまで
学校の事とか色々な話をしていた
ヒロシは家が遠いのでバスで帰って行き俺と麻衣は途中まで一緒に帰った
帰る途中「今日楽しかったね!」と言われ「うん。明日も遊ぼっか?」と言い次の
日も遊ぶ約束をした。


次の日、またみんなが勉強をしに帰る中俺とヒロシと麻衣は学校の周りで遊んで
いたヒロシが「今日は疲れた」と言ってまだ4時なのにバスで帰ってしまい
俺と麻衣は二人きりになってしまった

なぜか緊張してしまい俺は「移動しよ」と言って二人で堀が深い枯れた川に行った
川の片岸は廃工場でもう片岸は木や草が生い茂っていた
廃工場の岸にはびんやカンがあって座ると痛そうだったので草が生い茂っているほ
うに座ることにした
二人で蜘蛛の巣を避けていき座りごこちが良いところで腰を降ろした

「かなり歩いたね~。」と麻衣が疲れたように言い俺も「うん、てゆうかなんでこ
の川って枯れてんのかな~」と言い水がない川を覗き込んでいた。
麻衣はよく喋るやつで麻衣の話を聞きながら携帯をいじっていた。なぜか俺は
そのとき昨日の夜に手に入れたエロ画像の整理をしてた
しかしたまたま麻衣に見えたのか、突然「いまの画像なに?」と言い携帯を取
られた。俺はあわてて麻衣から取り返そうと麻衣の手にある携帯を右手で掴んだ。

「頼むから返して~」と言っても「じゃあ何見てたの?」と言われ答えることが
できず「教えてくれないなら駄目~。」と言われ無気になり両手で携帯を掴もう
としたそのとき左手の甲が麻衣の胸に当たった
「ぁっ…」と言って麻衣が携帯から手を離した。

俺が携帯の画面をエロ画像表示画面から待受画面に戻している間麻衣は無言だ
った。待受画面に戻して俺が「もう画面から消したもんね~。見られなくてよか
った~」と言っても麻衣は無言だった

俺も胸が手に当たったのには気付いていたけど麻衣がそんなことを気にする女では
ないので「今の画像なんだったか知りたい?」と言った。すぐに「知りたい!」っ
て言うかと思ったら「…え?何?」と言われ拍子抜けした。

俺はもしかして胸に手が当たったのを気にしてるかと思い「今胸に手が当たっ
たよね?ごめんね?」と言った。するとすぐに麻衣から「…別にいいよ。」と言
われたので安心した。俺は下ネタ系の話が大好きなので「当たったとき…喘いだ
よね?」と聞いてみた。

「喘いでないよ~。」と麻衣が嘘をつくので「絶対喘いだって!笑」と言った
ら「まぁ…確かに…喘いだ…よ?」と認めてくれた。それで話の内容が完全に下ネタに移行した。
「そんな感じやすかった本番のときやばいやろ~」とか「首っとかのほうが感
じるん?」とか色々聞いた。麻衣は素直に「やばくないよ~。」「首?わからん~」
と答えてくれた。

素直に答えてくれるのが嬉しくて調子に乗ってしまい「麻衣は処女?」と聞いた。
麻衣は普段から大人っぽくて男友達も多いから経験があると思っていた。
「…処女だよ」とこれを聞いて安心した。こんなにマセてるのに処女なんて…!
なぜか嬉しかった。

そんな話をしている間に暗くなり家に帰った。帰ってしばらくすると
「だってユウジには好きな人がいるんだよ?無理だよ、私なんか…でもシュウ、相談に乗って
くれてありがとね」
というメールが来た。…送る相手間違ったんじゃないか。俺はユウジだし、シュウって麻衣の女友達だろ?
えー、俺の事が好き…?
これはどういうことかと考えていたらしばらくすると麻衣からメールが来た。

「ごめんね…卑怯な手で告ったよね…この事は忘れていいよ」
俺は「明日返事するから明日も遊ぼう?」と送った。
次の日ヒロシは誘わず昨日の川に麻衣と一緒にいた。来る途中二人はまったく
話さなかった。返事は…俺もだよ。俺も麻衣のことを前から好きだった。
こう伝えるつもりだったけどいざ言うとなると緊張する。

「あのさぁ…昨日の返事なんだけど…」
「…うん」
「俺も好きだから…付き合おう!」一ヶ月前から好きだったと言えなかったけどち
ゃんと返事はできた。
「…よかった」麻衣が喜んでる。
「…麻衣」
キスをした。

「…ん」
最初からディープは出来なかった。
「…キスしたね」麻衣が恥ずかしがりながら言った。俺は調子に乗ってもう一回。
次はディープ。
「…ぁ、ん」
「…ぇ?ディープでも感じるの?」気になった。すぐに「ただ声が漏れただけ!」
と言われた。麻衣はすごくディープキスが上手かった。やっぱり伊達に年上とかと
付き合ったことがあるなと思ったらちょっと悲しくなった。でも処女だと言ってた
ことを思い出して安心した。

その日は何回もキスをした。キスをするたびに「…ん」と声を漏らす麻衣にやっ
ぱ感じてるのかな?と思った。胸も触った。
意外に胸は小さかった。でも小さいから揉みやすかった。昔ネットで見たおっ
ぱいの揉み方という動画の揉み方を思い出しながら揉んだ。
強く揉むと「…痛い」と言われた。でも優しく揉んでるときは「…ん!…ぁっ…」
と喘いでくれた。

麻衣が喘ぐ度に時々麻衣の鼻息が聞こえた。ほんとに感じてるんだ…
次第に揉むコツみたいなのがわかってきて段々強く揉んでいった。麻衣は
「…ぁあっ!…ん」とすごく色っぽい声で答えてくれた。
制服でこんなえっちなことをしている…もうちんこはチョモランマだった。

暗くなった。いつも通り家に帰った。帰り道麻衣に「ありがとね…ユウジ大好き」と言
われ「俺も。」と言った。
歩きづらかった、パンツが我慢汁だらけだったから。それにその時期は寒かった
から冷たい。家に帰るとすぐパンツを履きかえた。濡れたパンツを見ると今日し
たことがわかった。

麻衣と付き合い出したこと、その付き合った初日にかなりの事をした事。周り
のカップルはみんなちゃんと日を重ねて事をしていくのに対して俺らは早過ぎる
のかな?と少し思った。
それから麻衣とは学校帰りにいつもの川に行きいつもの事をするということが続
いた。付き合ってから一週間たってもマンコというものに触れずにいた。初日にあ
れだけしたんだからすぐに触れるはずと思っていた。

麻衣は俺らが付き合った日、その日からちょうど生理が始まっていた。
だから手をつけられずにいた。
毎日我慢してパンツびちょ濡れ…。いつになったらチンコ触られるのだろう?
ある日麻衣から「日曜は親がいない」とメールが来た。すぐに「生理は?」と送り
返す「終わった。」と返事が。…チンコは勝手にビンビン。
そして、日曜。

日曜日。この日のために俺はメールが来た日からオナ禁していた。
麻衣に俺はいっぱいでるんだぞ!というのを見せたかったため。
実際かなりの量溜まっていると思っていた。
俺は早起きをして麻衣の家に向かった。

麻衣の家につくと「おはよー。ごめんねおじいちゃんがいる…でも大丈夫!」と麻
衣が出迎えてくれた。
おじいちゃんがいるんだ…麻衣喘ぎ声が大きいから聞こえないだろうか…とかなり
不安だった。

小学生のときに入った以来久しぶりに女の子の部屋に入った。
広い作りではなく学習机があり机の上には教科書が山積みになっていた。
学習机の横にはタンス、向かいがわには化粧台とでかいCシュウプレイヤー、余った
スペースに布団とちゃぶ台が置いてあった。
自分の部屋よりか狭かった。

「あたしの部屋狭いよね、昔は布団が敷けなかったぐらい狭かったから今のほうが
マシなの笑」と言う麻衣。
なぜか自分の方から迫るのが恥ずかしかったから漫画を読んでいた。
すると麻衣の方から「キスしよ。」と迫ってきた。
「うん」と返事をすると「布団の中でしたい。」と麻衣が恥ずかしそうに布団に
誘ってきた。

俺も布団の中に入った。
キスをした。俺らカップルは普通のキスよりかディープキスをする方が多い。
なぜなら麻衣がディープをするたびに声を漏らすからだ。
「…ん」いつものこの声を聞いた瞬間に俺は爆発しそうだった。
AVで見た知識を元に首筋を舐めながら麻衣のそこまで大きくない胸を揉んだ。
必死に。麻衣の喘ぎ声を聞きたいから。

「…ぁぁ!キモチぃぃ…ん!」
段々と声が大きくなる麻衣。時折キスをしてと言われキスをしながら胸を揉む。
麻衣は喘ぐたびに腰が動いていた。
「…ん!…ん」俺の口で口を塞がれているから「ん」としか声が出せていない麻衣。
それがすごく色っぽかった。
麻衣の長袖シャツを脱がし抱きあった。

小さい胸が俺の胸に当たってる感覚がした。その抱き合っている姿を化粧台の鏡で
見た。
鏡には大人っぽくて色っぽい女が上から覆いかぶさっている男と抱き合っている
姿が映っていた。
すごく興奮していたからつい麻衣に「鏡見て」と教えて麻衣は鏡を見た。
自分が抱きしめられているのが恥ずかしいのか麻衣はすぐに鏡から視界を外した。
そしてまた俺に「…キスして」と言った。

そろそろチンコが我慢の限界かも…パンツが濡れている。
「ユウジも脱いで…」と言われ俺も上を脱いだ。ついでにジーンズも脱いだ。
「ぇ?なんで下も脱ぐの?」。
「…我慢汁がジーンズにつくのが嫌だからさ~笑」我慢汁と聞き俺のパンツを見る
麻衣。
「なんか…濡れてるね」興味深そうに見てくる麻衣。
「そんなに見るなって」。

俺がもじもじしてると麻衣が「あの…さ。そういう時って女の人に舐めてほ
しかったりいれたいって事なのかな?」と恥ずかしがりながらも聞いてきた。
俺は「うん。我慢汁が出るのは舐められたりいれたいけど我慢してるって事と
思う」と答えた。
「…じゃあパンツ脱いで。舐めてみたいかも…」麻衣にこう言われたら脱がない訳
がない。
すぐに脱いだ。

麻衣はビンビンになっている俺のチンコを見て
「…ほ?」と驚いていた。
「え?そんなに驚かんでも笑」。
「…初めて見たから驚いた」。
麻衣の家は母子家庭なので大人のチンコなど見たことがない。見たことがある
としたら年下のいとこのぐらいだろう。
そう解釈した。

「恥ずかしいから電気切るね?」と言い部屋を暗くする麻衣。
見たい・・・けど麻衣の部屋のカーテンは庭で農作業をしてるおじいちゃん
から見えないようにと閉めてあるから部屋に光が入らなく真っ暗で見えない。
俺は仰向けになりマグロ状態。
麻衣が俺のチンコを握っているのがわかる。
「・・・?」。
麻衣が俺のチンコを上下に擦っていた。

「男って一人でこうするんだよね?」。
「・・うん」。
「ユウジってえっちだからいっぱいしてそう笑」。
「・・・まぁね」。
「でも、もう私がいるからしたら駄目だよ?」麻衣が笑いながら言う。
「わかってるよ」。

麻衣との約束だったら・・・守れる気がする。
「じゃあ・・・舐める・・ね?」。
「・・・!」アソコが口で被われてくるのがわかった。

初フェラの感想は・・気持ちいい!なんてものじゃなかった。
痛い!!歯が当たっているのが解った。麻衣が真剣にしているから我慢すること
にした。
「痛いの?」麻衣が聞いてきた。
「・・・うん。なんで解ったん?」。
「だって腰がびくびくしてたもん」・・・たしかに痛さを我慢しすぎてびくび
くしてたかも・・・。

「歯が当たっていたから痛かったかも・・」。
「そうなんだ。ごめんね?もう一回舐めるね?」また被われるのが解った。
俺はまた痛くないかびびりながら歯をくいしばっていたと思う。
・・・痛くない?!気持ちいい!「麻衣!気持ちいいよ!」すぐに麻衣に伝えた。
「ひょんとぉ?うれひぃ。」麻衣がチンコを咥えながら言う。
目が慣れてきたので麻衣の顔が見えた。こんな顔で舐めているんだ・・・。

麻衣のフェラ顔は最高だった。
胸を触りたくなり手を伸ばした。けど届かなかった。
仕方がなく麻衣の髪を撫でていた。
数分後麻衣が「・・・出ないね」とチンコから口を離し言った。
・・・正直イクほど気持ちいいフェラではなかった。

「・・・昨日抜いたから出ないだけだよ。」麻衣の事を気遣い嘘をついた。本
当はずっとオナ禁していたのに。
「そっか。気持ちよくないかと思った・・・よかった。」麻衣が嬉しそうに言う。
「今度は俺の番!」麻衣を布団の上に寝かせ胸を舐めた。
乳首を吸う。乳首が立っている。左の乳首を吸いながら右の乳首を摘まんでみた。
「・・・ん。もっと・・吸って・・」。
麻衣にそう言われさらに強く吸った。

「気持ちいい・・・ユウジ・・大好き・・」この言葉で俺はもう我慢できず麻衣のズ
ボンの上から麻衣のマンコを触った。
「ぁ・・・ん!」麻衣が色っぽい声を出すのでもう本当に我慢の限界。
「麻衣、脱いで?」と麻衣にズボンを脱ぐように言った。
「ユウジが脱がして・・・」麻衣のズボンを脱がしパンツだけになった麻衣。水色の
パンツ・・・最高。

パンツの隙間から手をいれ穴を探す。
最初は毛を触った。あまり毛深くなく安心した。
指は斜面を下りていき穴にたどりついた。
周りがもう塗れている。
「麻衣・・・すごく濡れてるね」麻衣に言った。

俺がそう言うと麻衣は
「そんなこと言わんで…余計濡れる…」と感じながら言った。
大人らしい雰囲気を出す麻衣からそういう言葉が聞けてすごく興奮した。嬉しく
てキスをした。
そしてゆっくりと麻衣のパンツを脱がした。
あまり毛深くない陰毛、ぱっくり口を開いているマンコ。
そのマンコにしゃぶりついた。

「ん!ぁ…舐めてる…の?」麻衣が聞いてくる。
「うん?駄目?」と聞き返す。
「…駄目じゃないよ、でも汚いし…」と答える麻衣。
初めて舐めるマンコ、まだ知識がないから猛烈にしゃぶりつくだけ。
麻衣は
「ぁぁ…ん、汚…いっ…てば」と言いながらも俺の頭を掴みマンコに寄せている。
味はしょっぱかった。

麻衣のパックリ開いたマンコのびらびらには少しだけカスみたいなものもついていた。
でも麻衣のマンコはピンク色をしてて凄く綺麗だったのを覚えている。
「挿れてもいい?」

「…うん」と簡単にオッケー。
「そのまえに少し俺の触って」とお願いをしてチンコを完全に勃たせてもらった。
挿れる前にもう一度だけマンコを触った…うん濡れている。
「じゃあ…痛かったら言ってね?」と言い正常位の態勢で挿れようとした。
「待って!」と言われ動きを止めた。
「うん…?」訳がわからない、やっぱり怖いのかな?。
「ねぇ…ゴムは?」…すっかり忘れてた、もし妊娠なんてことになったりしたら。
「ゴムがなかったら嫌だよ…」
その時ゴムなど持っていなかった。

仕方なくその日は挿れれなかった。
申し訳ないからという事で麻衣は俺のチンコをしごいてくれた。
でも麻衣はまだしごくことに慣れていらず肩が凝ってきたらしく最後は自分で
しごいた。
一人でしごくのは虚しいので麻衣とキスしながらしごいた。
イクときは麻衣の手に出した、勢いが強すぎたので少しだけ布団にかかった。
「…スゴイネ。いつもこんなふうにしてるんだ」と麻衣がティッシュで手の精液
を拭き取りながら言う。

「いつもしてる訳じゃないよ?」と毎日してるのに言った。
「これからは、するときは一緒にしようね。」。
「うん、今度は麻衣にイカせてもらいたいし笑」と約束した。
その後カップ麺を食べて結婚ごっこみたいなのをして帰った。

麻衣の家で食べたカップ麺の麺がかなり太くてまずかったのを覚えている。
家に帰り、結局出来なかったなぁーと考えている内に今日したことを思い出し
ながら一人でしごいた。
俺はいつ最終段階にいけるのかワクワクしながら次の日の学校生活を過ごしていた。

それから麻衣とヤル日が来るまで色々な経験をしました。
いつもの川で抱き合ってキスをしてた。それを向かいの廃工場の中でパター練
習をしていたおじさんたちに見られてたこと。
またいつもの川でいちゃついてた時に警察が近づいて来たので走って逃げたら警
察が追ってきたことなど。

二人とも部活に入ってたので体力もあり足も速かったんですけど相手は訓練を受
けてるだけあってすぐ追いつかれました。
「なんで追われたか解るよね?逃げなくても大丈夫」と言われ他の警官が待つ
コンビニまで連れて行かれ学校、名前、住所、電話番号まで聞かれました。
その時は学校に言われないかビクビクしてました。。。
学生はそういうことをする場所が無かったから仕方がなかったんですよ。。。
また夜に来ます。

麻衣とついにヤル日が来た。
それは春休み。
その日は部活は昼からで俺の親も仕事で家にいなかった。
さっそく麻衣に連絡して家に来てもらった。
麻衣が家に来るまえに薬局の外にある自動販売器までゴムを買いに行った。

俺が家につくと麻衣はもう家の前にいて「遅い~。」と文句を言われた。
ジャージの麻衣、ジャージ姿も可愛い。
家に入り俺の部屋に行きすぐに脱がした。
俺も脱ぎ、俺の布団の上で抱きしめあった。
「キスマーク…つけて」と麻衣が言う。
俺はどこにつけていいか解らず首を吸ってみた。見事についた跡。

でも首につけたら周りに見られるからマズイと思い二個目は胸につけた。
胸を吸う。麻衣が「ぁぁ…んん!いっぱい!いっぱいつけて…」と言うのでい
っぱいつけた。
つけるたびに麻衣が大きな声で喘ぎながら俺の頭をつかむ。
そして麻衣のマンコに手を向けた。

麻衣が俺の手を掴む。
「…ゴムは?」やっぱり心配なんだ。
「ちゃんと買ってるよ」と言うと麻衣は俺の手を離した。
「ん…」麻衣の中に俺の指が入っていく。
指を二本でいれてみた。
「ぁっ…ん」といつもより感じる麻衣。
完全にマンコはパックリ開いている。

「…?!」といきなり麻衣が痛そうな顔をする。
「…痛かった?」うんと頷く麻衣。
やっぱり処女だから二本は痛いのか…と改めて麻衣が処女だと感じる。
ゴムの付け方が解らず麻衣と一緒に説明書を見ながらつけた。
ゴムがついているチンコを二、三回しごいてもらい準備完了。
と思ったらマンコが渇いていた。
さっきまであんなにぐちょぐちょだったのに…。
麻衣のマンコをまた指で濡らす、勿論一本で。
そして正常位の態勢でチンコを挿れた。

挿れた感想は…こんなものか、という感じだった。
後日、生でするのだがゴムが有ると無いとでは全然気持ち良さが違った。
挿れてもあまり奥に入らず、マンコを触ると少し渇いてるのが解った。
緊張で渇くのか?と思いながら麻衣に痛くないか聞いた。
「…大丈夫」と答える麻衣、痛そうな顔をしている。
ゆっくりピストン運動をした。

「…っ!…」我慢してる麻衣、調子に乗って速くする。
「…駄目!止めて!もう無理…」と言われた。
麻衣からチンコを抜きゴムを外した。
布団にかなりの量の血がついていた…。
急いでティッシュで拭く、麻衣も手伝いながら、シミになったのでティッシュ
を水に濡らして拭いた。

麻衣が「ごめんね…今度は我慢する」と言いながら俺のチンコを後ろからしご
いてくれた。
俺が「…イキそう」と言うと、麻衣が俺の前に移動した。
そしてまたチンコをしごく麻衣。
「もう出る!」と言うと麻衣がチンコがくわえた。
精子が麻衣の口の中で出る。

俺がいきなりのことでびっくりしていると
「だってユウジに申し訳ないじゃん。」と嫌な顔をせず飲んでくれた。
その後色々と喋っているうちに昼になり一緒に学校まで行き部活をして帰った。

これで童貞喪失話、終わりです。
それから麻衣とは別れるまでかなりの回数をしました。
麻衣はかなりの麻衣で言葉責めに弱かったです。
二回目のえっちからは麻衣は普通に痛がることもなく感じてました。
初めて麻衣がイッた時の帯域はバックで大きい声で麻衣は狂ったように
喘いでました。イッた後は脱力してて仕方なく俺は一人でしたという。
春休みはえっちしか想い出がなかった気がします。
よかったら投票をお願いします!