俺の初体験は父の再婚相手の女性でした。

俺が8歳の時に両親は離婚しており、ずっと父に育てられてきましたが、俺が17歳の時に父は再婚。

当時父は41歳、再婚相手の女性は27歳。
凄く色っぽい美人の人でした。

27歳にして女の色気ムンムンさせてました。
スタイルもいいし胸も大きく、自然と俺のオカズにもなってました。


でも、父との生活も長くは続かず、結婚して3年で父は他界。交通事故でした。
2歳になる息子を残して先立って行きました。

俺もこの先どうしていいのか解らず、別に一人で暮しても構わないと思ってました。
継母とは血の繋がりがある訳でもなく、単に父の妻ですので、俺が側にいるよりは自由になれていいのではと思ってました。

でも継母はせめて一周忌が終えるまでは一緒にいて欲しいと言いそのまま暮らしました。
父の居ない継母との暮らしは辛いものがありました。

無理やりセックスしようと思えばいつでも出来る生活。
誰の遠慮もなく継母の体を自由に出来る。
結局、父が死んで半年もしないうちに継母の体を。

風呂に入っている所を無理やり襲いました。
遅かれ早かれ俺とこうなる事を予測していたらしく、意外にも俺を優しく受け入れてくれました。

童貞最後の精子を継母の体内に植付けました。
それからはもう毎日継母とセックスしました。

お陰で上手く受精したらしく妊娠。
今は2人目がお腹に宿してます。
結婚している訳ではないですが
このままずっと暮らして行ってもいいかなって思ってます。

よかったら投票をお願いします!