俺がここで会えた女について書いてみようと思う
書きためたのでゆっくり馬鹿の話を垣間見ていただければこれ幸いであります
始めたのは俺が大学1年生で、まだ童貞だったころ
今は23歳だから、それほど昔の話じゃない。

県外にいった友人が都会じゃ出会い系で知り合うのが当たり前なんだぜというコトバに乗せられてやってしまった

出会い系なんかガセばっかじゃねーの?と思ってたし
なんとなくプライドが邪魔してできなかったが
友人も出会ってヤれたらしいのでやってみることにした

まずは適当にネットで検索してでてきた出会い系サイトを使ってみた
俺のターゲットは30代前半から40代前半の人妻
人妻で筆おろし最高と訳の分からない考えがあった俺はとにかくメールを送りまくった

で、最初の女はEとしよう
32歳で、俺の家から車で一時間ほどの距離
Eと楽しくメールをしていた

そこで肝心なのが相手の顔
はっきり言って見ず知らずの男女が求めているのは顔である
メールをしつつさりげなくEに頼んで写メを送ってもらうと顔はイモトアヤコに似た感じだった

普通に考えたら無いけどそこは出会い系
やれるのであればレベルはグッと下がるのである

で、俺の写メも送るのだが、この時俺は失敗を犯したのである
理由は言わずもがな・・・・・

俺ははっきりいって普通より顔は劣っている
出会い系に於いては顔の良しあしより写メ詐欺が使えるか否かで勝負は決まる
俺はまだ駆け出しということもあり、普通に写メをとって送った

返事は・・・帰って来た

これはいけると思った大学一年生の夏
しかし、二三回メールしたのち返ってこなくなった
追撃してみるもダメ
俺は完全にイモトアヤコに筆おろししてもらう気まんまんだったのに
それが不可能になることにショックを覚え
しばらく出会い系から遠のいた
それから大学二年生まで出会い系はオアヅケであった

大学二年の確か夏だったと思う
バイトの後輩とよくつるんでいて遊んでいたら後輩も童貞らしくお互い童貞を捨てたいと悩んでいた

で、後輩を見方しにしてまた俺は出会い系を始めた。

そこで使ったのがこのサイトだ

今回はちゃんとネットで評判を調べて信用できるサイトを選んだ
バンバンメールしては写メ交換して不細工なら切り捨てという荒業ばかりしていた
そのころに俺は前回の屈辱も踏まえて詐欺写メを作成しておいた

なおプロフの偽りは俺は基本的に自分の年齢+2くらいにしておき相手が学生ありなら学生で
無理なら社会人と柔軟にプロフを変えていた

そんな矢先、Xという女からメールしようと来た
Xは俺と同い年の大学生であり、車で30分の距離である
来るもの拒まず去るモノ追わずの俺は迷わず連絡を取り合った

しかしこのXという女は写メを一向に送りたがらない
俺は必死に懇願してみたが、全く駄目である。

するとXは「写メ見るくらいなら直接会おうよ」と言ってきた
正直なところ、俺は怖かった

出会い系でいきなり見ず知らずの女と会って無事に帰れるのであろうか
ましてや俺の顔を見て帰ったりされないだろうか
そして仮にHすることが出来てもうまく出来るだろうか

さまざまな不安が浮かんできたがそれらを払いのけ俺は確か次の日の深夜に会うことにした

当然、前日は緊張と期待と恐怖でほとんど寝れなかったので大学の講義の際に睡眠をとっておいた

そして予定時刻が迫るころ、待ち合わせ場所へ急いで向かった

待ち合わせ時刻になって一服すれど一向にXは来ない
これはすっぽかされたなと思ったがとりあえずメールを送ってみる
するとあと五分だけ待ってほしいとのこと

待ち合わせ場所は無人駅なので人も少なく、確実に俺だと分かるから車まで来てくれと連絡して待つ
5分くらいで女が一人歩いてきた
俺の心臓ははち切れそうになっていたと同時に妙な吐き気を覚えた

緊張の瞬間である

やってきたの大柄な汚い雌豚だった

俺は出会い系の現実を知った瞬間でもあった
可愛い子は出会い系をしなくても彼氏が出来てHが出来る
対偶をとれば可愛いくない子は出会い系をしなければ彼氏も出来ないしHも出来ない
数学でこんなこともあったなあと思いながらあいさつを済ませて車に乗せて走る

「今夜は寒いね」
「うん」
「こっから家遠いの」
「いや」
「そっか、どんくらいかかるの?」
「秘密」

なんとも会話すらできない不完全な生物を載せてしまった俺の車は夜の国道を走る
とりあえず喉が渇いていたのでカフェに行くことにした

メールではかなりおしゃべりなくせしていざ会うとまるで会話ができない
出会い系の地雷女にはこういう女が多い
そうした地雷を避けるためには会うまでにじっくりメールすることが重要だ。

それは俺の顔のせいもあるかも知れないが、
イケメンの後輩でさえそういう経験があるから一概には言えないだろう

とにかくこの大柄な屑をカフェに下ろして飲み物を頼む
「どうして会おうって思ったの」
「わかんない」
「わかんないとは変なヤツだw」
「変なヤツいうなあー//」
はっきりいって気持ちが悪い

「結構SNSであったりするの」
「前の彼氏とはSNSで付き合った」
「まじでか、男前やった?」
「割と」
「俺とどっちが男前?」「お兄さんのほうが男前だよ」
「冗談でもうれしいからその言葉受け取っとくよ」
「いや割と本気」

何と言ったのかこの屑は

「そっかありがとな」
「おにいさん私みたいな女は嫌い」
「そんなこともないよ、20歳って若くて羨ましいし綺麗だと思う」
「若いって2つしか違うじゃんw」

俺は同い年でこんなに気持ちが悪い女がいることにショックであった
そして女がえらい俺に興味を示してきていることに対しても吐き気を感じてしまうほどであった
当然ながら童貞は守る方向で行った

「そろそろ出ようか、明日は仕事だから早くかえらなきゃ」
「えーもうちょっと話そうよお」
「また今度な、メールでもお話出来るだろう?」

そう言って店を後にし、初めの待ち合わせ場所へ向かった
時は既に3時くらいだったと思う
社会人になって分かったが社会人は明日に仕事を控えて3時まで遊ばないし遊べない。俺だけかもしれないが。
駅に着いて下ろそうとした時、Xはこういった

「ねえチュウしよ」
「は?」
「チュウしたい」
「何いってんの?」
「ねえしてよ」
俺はキスだけは高校の時に済ませておいたのでキスは問題は無い
が、こんな不細工とキスをするくらいならアジャコングにラリアットされた方がまだマシである

「そんな気分じゃないから帰りなよ」
「嫌だしたい」

そう言ってXは俺に無理やりキスしてきた
普通なら羨ましいかも知れんがデカくて気持ち悪い女にキスをされるのは拷問である

口だけは閉じていたが向こうに口回りをベロベロ舐められた。それが頭にきてしまい俺は女を無理やり下ろして
そのままサヨナラも言わずに帰ってしまった
後輩に連絡をして、呑みに行った
後輩に大笑いされてヘコんだ俺は後輩にごちそうになり飲みつぶれたので家まで送ってもらった

朝起きるとXからかなりのメールが来ていた気がする
「ゴメン悪かった電話したいから電話してほしい」
こんな類だったと思う。
すぐにアドレスを変えて着信拒否にして俺は日常に戻った

初めて会った出会い系の女がこんなヤツが来てしまい最悪であったが、
キスを奪われたということだけ見ておけば
デビュー戦は引き分けである

俺は再び出会い系を始めることにした

Xと会ってから2週間後位からかとにかくすぐだった気がする、後輩からメールが来た

「出会い系でDTSしました」

D童
T貞
S卒業

すぐさま後輩に連絡を取り、家に行った

どや顔の後輩をしり目に後輩の携帯を開く

「気持ちよかったね」「また会おうね」とのメール
俺と同じ出会い系を使っているのに何という天と地の差であろうか

しかもその相手のプロフを見るとギャルではあるがまあ可愛い
すっぴんはひどくても写メを見る限り可愛い

「先輩も早くヤりましょうよー気持ちよかったですよー」

その言葉に後押しされひたすらに出会い系をする俺

そしてついに俺も大人になる日が来たのだ

では、その相手をQとしよう
Qのプロフは26歳で家は車で10分くらい
写メ交換をする限り優香似の年上のお姉さんである

Qは投稿には誰かメールしよおと書いてあったのに送ってみたのであったが
すぐに返事が来た

そして儀式である写メ交換を済ませても向こうのテンションは下がるどころか上がる一方である
「年下すきなんだあー君は年上でもいいの?」
「うん、タメとか年下はどうも苦手でダメなんだ」
「そっかー可愛いねーてか一人で寝るベットは寂しいよー」
「もう寝るん?早くないwてか寂しいなら俺も横にいれてくれw」
「来てくれるん?wその代わり何もしちゃダメだよーw」
「わかんねーwキスくらいしちゃおうかな」
「えっちーwでもまあキス位なら許しちゃおうかな。いつが暇?」

こういう茶番は嫌いではない。
かなり勃起していたし早いところ会いたかった

だから週末に会う約束を取り付けた
もちろん会うまでにもエロエロメールしまくりであり
「早く会いたいなあーぎゅうってしてほしいなあ」
写メとメール文でイメトレしてオナニーして週末を待った
そして決戦の日がやってきた

当日、後輩に連絡を入れて俺は待ち合わせ場所へ向かった
時刻はお昼すぎくらいに会ったため人も多い
まもなくQが来た、

エライべっぴんさんが来た
白いスカートにデニムのアウターを来てきたQは写メ以上の可愛さがあり俺はテンションが上がった
向こうも俺を見るや否や笑顔でこんにちわとあいさつができる女であり、
前回のXが如何に社会不適合者であることが伺えた

とりあえずご飯を食べようというメールの流れもあり俺たちはファミレスへ行ってご飯を食べた
ファミレスではあまり何を話したか覚えてないが
「大学生なんだから可愛い女の子いっぱいいるでしょ?私よりいいんじゃないの?」
と笑顔で言われた

そして当時の俺はその言葉を「私が嫌じゃなかったら抱いて」と聞こえた
そしてファミレスを後にしてしばしドライブした
俺はもちろん勇気を出して切り出した

「やっぱり出会い系であったりするってことはホテルとか行くんですかね?」
「えー?もしかして期待してる?w」
「若いもんでw割としてました御免なさいw」
「可愛いーwじゃあ行ってみる??w」

まさかの勝利宣言である。俺は急いで前もって調べておいたホテルへ車を急がせた
車の中で手をつないで向こうは一気にラブラブモードである
思い出してもチンコが立ってくるくらいである

で、ホテルに入る、人生初のラブホである

部屋に入るなりQがキスをしてきた
「こういうの初めて?」
「結構緊張してるよ」
「ますます可愛いーwいっぱい楽しもうねw」

そう言ってお互い服を脱がせてお風呂に一緒に入る
驚いたのがQは

パイパン

であった

のちに俺がパイパンフェチになるのはここからであるのは周知の事実である

「おっきーねえw結構女の子に喜ばれるでしょー」
「ううんそんなことないよーエッチも久しぶりだから下手になってそう」←嘘である
「じゃあ私がリードしてあげるからね」
期待していた筆おろしの幕開けである。
この時我慢汁が出まくってQはかなりテンションが上がっていた

「てかなんでパイパンなん?」
「こっちの方がエッチく感じない?今日会う前にもしかしたらと思ってそってみたんだけど嫌い?」
「いやかなり好き、もっと見たい」
「うんいいよ、お風呂に入ってからだ洗ってね」

いざ、風呂場へ

風呂場で洗いっこして湯船につかった
イチャイチャしすぎた俺は願望であったお風呂場で潜望鏡フェラを願い出て一回イってしまった。

「でそう・・」
「いきたいの?」

「うん、いってもいい?結構ヤバイよお」
「じゃあしっかり出してね。いくとこ見といてあげるからね」しかもゴックン付きである。
この時俺はかなり出て向こうもびっくりしてビクってなるくらいである

後に顔射男と後輩にイジられたのは言うまでもない事実である
「んーすっごい出るw若いっていいねえー」
「一回ヌいてきたのに出ちゃったwQがうまいからかな」
「しかも苦くないから美味しいw早くベットいこw」

そう連れてかれて風呂場からベットへ
Qはひきしまってはいないもののまあまあいい肉のつき方をしていた。
ちょっとムチっとした感じ

ベットの中でかなり激しくキスをした。
向こうのキステクニックはかなりのものであり、俺はあっという間に復活してしまった

「もうおっきくなってるよ君の。そんなに私としたい?」
「したい。我慢できないよ」
「私もしたいの、ほら触って、こんなに濡れてるし」
「凄い、もっと触らせて、もっと見たいよ」
「よく言えました。じゃあ私のをやさしく舐めて」

人生初のオマンチーである。
パイパンであってもそり残しが全くなく、ピンクで美しい

クリを中心に攻めていくと彼女の太ももに顔を挟まれながら彼女のオマンチーはどんどん濡れてきた
かなり重要なことであるが俺は女の太ももに顔を挟まれるのが大好きである

彼女が俺をひっぱり、うまい具合で69の体制へ
舐められながら舐めるのはまたエロく、しかも無臭なのでいくらでも舐められる
「ああんすっごい。。もっと舐めてよお」
「気持ちい。もっと舐めて」
「おっひい」
こんな感じで前戯は終了、彼女のオマンチーはぐっちょんで今にも欲している

いざ本陣である。20年の時は満ち足り

ゴムをつけようとしたらQがいきなり泣き出した
焦る俺は必死で抱きしめながら頭を撫でた

どうやら人肌が恋しかったらしく久しぶりに自分を受け入れてくれることに嬉しかったみたいである
仕事場で恋人がいたらしいのだが社内恋愛がバレてしまって男は転勤させられ、
残った自分は回りの目が辛く自分の場所が無かったらしい

重くてウザくてあんまり覚えてないけど大体こんな感じだったと思う
俺はやらせてくれる女は大好きだがお涙ちょうだいのメンヘラは大嫌いであるしかも早くヤりたい。

しかし出会い系の女にはこういう傷心状態の女が多い。
というかほとんど全員そうである。
そこを上手くケアしてやれば即アポ即ヤリが可能になることをこの後経験した。

目の前にオンマンチーがあるのに入れれないことにちょっと不満をもっていた
が、俺は紳士なので動じない。ホントはかなり震えていたかもしれないけど
ひたすら頭をポンポンしながら「もう大丈夫だよ」と言っていた
で、長い長いキスのあとQは耳元で囁く

「ゴムを着けずにやって」

童貞にはこのミッションはかなり重荷である
大体自分が遅漏か早漏かunkwonであるのにいきなり膣出してしまったらオオゴトである

だが、美人の頼みは断らないようにしている俺は二つ返事で承諾の意を伝え
いざドッキングミッション開始である。

アバヨ童貞だった俺。

こんにちわ新たな俺

なんというか必死過ぎてあまり実感が無かった気がする
というのも最初にいれた瞬間にQが足を俺の胴に挟んできたのでかなり動きづらかったのは覚えている

入れた瞬間は「嗚呼」って感じにキューって締まる
だからQと名前を付けてみたのだがいまさら手遅れである

今でもはっきり覚えているのがちょうどその時Qの携帯電話が鳴ってミッキーマウスの曲だったんだけど
そのリズムで突くとかなりリズムがいいので今でもそのリズムでやる

ズンズズンズンズズンズンズズンズズン
ズンズズンズンズズンズンズズンズズン

分かりにくかったら腰降りながらやっていただくことをお勧めします
で、タンタンと正常位でピークが近づく

Qはかなり感じやすくアンアンいっておりつくたびにマンチーからマン汁が飛び出る
何といっても凄いのがホントに飛び出る、しかもおびただしい量である。
ベットも俺の腹もあっという間に汁まみれになってしまった

あとで聞いた限りではかなり感じやすく潮を吹きやすいらしい
彼女の感覚では潮ではなくおしっこっぽいのがでる感じらしい
後にも先にもこんな潮を吹く女には会っていない。というかQ以外に潮を吹かせたことが無い
アカネホタルよろしくじゃんじゃん出るマンチー汁にシーツは濡れて俺が膝をつくとにじみ出るなんてあり得るだろうか

3分くらいでQは「いっちゃうー」と連呼していた
そんなこんなで俺もかなり来ていた。初めてだからか締まりがいいのか分からないがオナニーとは違う行きそうになると
全身の汗が噴き出る感じに俺は面白おかしく感じていた

「もういきそう」
「アンあ、中で、出してアン」
「それまずいよ」
「大丈夫だからお願い」
「もうでるよ?ホントにいいん?」
「でちゃうの?いってー」

そんなコト言われるもんだから思わず中田氏してしまった
初Hにして子作りなんてと思っても後の祭りであり終わったことは仕方がない

大体俺は彼女の許可を頂いて行ったので何の問題すらない
かなり気持ちよかったし後で書きだしてみるとかなり大量のセイシがどろどろ出た
気分がかなり良かった
しばらく繋がったまま横になり激しいキスをしていた

ついこないだまで童貞だった男が美人とHして潮吹きまくって中田氏とかどんなエロゲーだよと思う
これが現実であることに俺は違和感を感じつつサヨナラ今までの俺と思いながらキスをしていた

相変わらず彼女はぎゅーと俺を抱きしめて激しく品が無く舌をからませてくる
ここでQが俺の耳を噛んだりキスマークを着けてきだした

出会い系で会う品のない女に見られる特徴で、普段誰からも愛されないからちょっと優しくされるとすぐ図に乗る
俺はこういう女は大嫌いである

だから出会い系はセックスまでにとどめておくに限る。
こういう恋愛慣れしていない奴ら(俺も含め)にはロクなヤツはいない

これは決して冗談でもなく真実である。

ちなみに俺は今恋人はいないが、後輩は結婚して今なお出会い系に夢中である。
奥さんにはばれない様に最近は俺が後輩の写メを使って引っ張ってきて会うという方法を行っているくらいジャンクである

しばらくした後離れてQに聞いた
「てか中はやっぱまずくない?」
「大丈夫でしょ、何回かあるけど出来たことないから心配しないで。それよりチューしよ」
今日何回目のキスだよと思ったが、まいっか、と思いつつキスをする。

Qはべっぴんさんなのにどこかアタマが行かれている
大体会う前にパイパンにして蛇口をひねるが如くオマンチー汁を出しあげて中田氏強要とは狂気の沙汰である

けれどもこういう女がいるから俺たちも助かってんだよなあと思いながら頭を撫でてあげる
そのあとまた復活して二回戦目に突入するが、前日に一回、本日三回目の射精は無理だった
けれども彼女は相変わらず壊れた蛇口よろしく潮をジャンジャン吹きまくる

「ごめん、いけそうにないかも」
「そっか、じゃあもうちょっと突いて貰ってもいい?」
しばしついて終了

フリータイムで入ってよかったと思う。
時間にして大体6時間くらいホテルにいたと思う
お昼過ぎに入ったのに既に外は真っ暗であった。

俺はホテルを出るときが一番怖かった。
これだけHすれば大丈夫とは思ったが美人局という恐怖があった

幸い俺の周りにはまだ誰も筒には会ってないがもしかしたら俺が最初の犠牲者かと死を覚悟した
というのもホテルを出て車に乗ろうとした際に駐車場に黒塗りのクラウンみたいないかついセダンが入ってきたからである

しかし何も起きないのが俺である。
実際はこんなものである。
虎穴に入らずんば虎児を得ずというがその通り。

そうしてホテルを出た後、待ち合わせ場所まで向かい、キスをして別れる
後輩に無事を連絡をして詳細を話すと
「それもしかして病気もってんじゃないすか?」
その言葉に恐怖を感じて次の日すぐにエイズ検査を受けに行った

それから今日までにも何度かエイズ検査にいったが俺はまだエイズも性病も掛ってない
それどころか医者で検査するとき先生に
「エイズは性感染症の中で最もかかりにくい類だからねー」と
まるで金出して検査するほど心配しなくていいと遠まわしに言われたレベル。

生でやるのはホドホドにしようと思ってもそうはいかない20の寒い冬であった
ただ、何というかゴムだといけない体になっていた。

Qはつくづく俺に性癖を教え込んだみたいである
これだから年上の淫乱には頭が上がらない

駆け出しで1勝0敗1引き分け
いい成績じゃないか俺は。

それからQとは何度もメールし、互いの都合のいいときに会っては
肉体的な関係を持ち続けた。
ある時は夜の公園で、ある時は小学校の非常階段で・・・。
ある時にケータイでハメ撮りした時の写真はいまでも俺のズリネタである。
出会い系で出会った女は、もともと出会いを求めている女しかいないので
都合の良いセフレが見つかってしまえば安全にセックスできる相手と飽きるまで肉体関係を持ち続ける傾向にある。

男も病気や美人局の危険を感じるだろうが
女は男のそれ以上に危険を感じながら知らない男と初対面するのである。
安全に楽しくセックスできる相手が見つかったらそいつと肉体関係を持ち続けるのは当然といえば当然。

それから俺はいろいろな女とメールをしてHをしていくのであるが、
一時期、セフレが10人以上になってしまい本気でセックスが嫌になりそうになったことがあり
今は2人だけに絞っている。

お勧めの攻略法は即即即即の「鉄は熱いうちに打て」作戦
今暇ー!電話しよー!って感じの女の子で、即デン→即会い→即ホテル→即尺→即ハメ→即帰宅
これが最強かと思われます。

出会い系ももっと賑わってほしいですよね

女ってやつは年下の男に対しては見栄を張りたがる生き物
食事代からホテル代、場合によってはちょっとした小遣いまでくれる。

年上はちょっとなーって思う人は本当に間違っている
今時の30~40歳ぐらいの女は若いよ
ではご視聴有難うございました
そしてお疲れ様でした
またどこかで

よかったら投票をお願いします!