高校が工業高校だったんでほとんど野郎ばっかのムサイ学校。
ある日社会化担当のおっさん教師が怪我とかで
入院したから復帰するまでの間
代わりの先生が臨時で赴任してきたんだけど・・・

27とゆーわりにはどーみても10代だろ!
っつーよーな女性教師Nさん。
背もちっさくて、めちゃくちゃ可愛い!みんな大喜び!
ヤりたい盛りのクセしてまだ女の子とまともに
付き合ったこともないオクテな俺は
その先生の授業を受けるのが楽しみなだけでした。

そんなある日。
自転車通学な俺が放課後自転車置き場へ向かっていると
N先生とバッタリ。
「あ、先生さようなら
(うっわー、向かい合って話するの初めてだよ!)」
「U君今帰り?部活とかしてないの?」
「はい、バイト頑張ってるんで帰宅部なんです。
そう言えば先生、生徒の名前なかなか覚えられなくて
大変だって授業で言ってませんでしたっけ?ちゃん
と覚えてるじゃないですかー
(名前覚えてくれててうれしー!)」

「頑張ってるもん!
それにU君って可愛いからすぐ覚えちゃったよ♪」
「え・・・・またまたそんな~(ま、まじ!?)」
「やっぱ可愛いな~♪じゃあね、
バイト遅刻しちゃダメだぞ!」
「はーい(どきどき)」
とぶんぶんと手を振って去っていくN先生。
明るい人だし他の生徒にもあんな調子なんだろうと
思いつつも、その後は幸せ気分で一杯でした。

引っ込み思案な俺はその後N先生に
話しかける様な場面はなく、
自転車置き場でバッタリ会う様な事もなくて
日々は過ぎていくんだが・・・いつまででもいる訳じゃないN先生。
オヤジ教師が復帰するまでの先生。
よくある話で女性教師への憧れ
は憧れで終わるんだと思ってた。

そしてまた場面は自転車置き場。
「あら、U君さようなら。今日もバイト?」
「あ、今日はバイトない日なんですよ。
駐車場の方向に向かってる先生は今帰り?」
「うん、臨時教師って結構暇だからね~、すぐ帰っちゃうの」
と俺は自転車押しながらN先生の横歩き出す。
「先生の車って、アレ?パジェロじゃん、
かっこいー!乗ってみたいー!」
「そう?じゃドライブしよっか?」
「え!?」

「だって乗ってみたいんでしょ?」
「そりゃそうだけど・・・本当にいいの?」
「いーよ?でも学校から二人で出て行けないから・・・
スーパー裏の駐車場で待ち合わせだからね?」
「うん、じゃあ行く!」
思いもよらず、降って沸いた急イベント!
天にも昇る心地で自転車のペダル踏む速度はいつもより早く
俺はスーパーへと急いだ。

そして待ち合わせ場所で俺は先に着いていた
先生のパジェロを見つけた。
「せーんせ?」
「あ、思ったより早かったね~♪」
「そりゃ毎日遅刻スレスレまで寝てて全速力で
自転車漕いで登校してるから鍛えられてるんですよ~。」
「ホント?凄いねー!でも事故ったら危ないから早起きして
ゆっくり来ないとダメだよ?さ、早く乗った乗った♪」
「じゃあお言葉に甘えまして失礼しまーす。
あ、制服の上脱いでおきますね?」
「あ、ウン・・・なかなか気が効くじゃん?」
「勿論!こんな事もうないかもしれないし、
なるべく目立たないようにしておきたいもん。」
とか話しながらドライブは始まった。

俺はどちらかと言うよりハッキリ言って無口な方なんだが
相手の誘導が旨いのか俺が舞い上がっていたのか
会話は盛り上がりながらパジェロは
隣の市と続く山道を越える定番ドライブコースを走って行く。

「・・・でもまさか先生がドライブに誘ってくれるとは
本当に思わなかったなー、
男子校みたいな所に居て生徒に対して
警戒してるとばかり思ってたもん。」
「アハハー、そんな事ないよ?」
「だって、女の先生って男子生徒から
モテモテなのはお約束じゃん告白とかならいいけど、
思い余って襲おうとする生徒もいるかもよー?」
「あー・・・うん、そういうのは困るなー。
でもそこまで思い余る生徒って滅多に居ないと思うよ?」
「その滅多がありえたら怖いじゃん?
脅かすつもりはないけど、
ちょっとは警戒した方がいいんじゃないかと思うなー。」

「考えすぎだよー。いちいちそんなの気にしてたら
先生やって行けないよ?」
「うーん・・・それもそうか~」
「でも、心配してくれてアリガトね?
私の事気に掛けてくれるんだ?」
「え・・・そ、そりゃ」
と赤くなってしまうウブウブだった俺。
そうしてパジェロは目的地の港へと着いた。

「海からの風って気持ちイイ~♪あ、
自販機あるからコーヒーでも飲もうか?」
「じゃ僕奢りますよ、伊達にバイトで稼いでませんからね」
「お、男前な事言うじゃん。じゃあ奢ってー♪」
まるでデートだなと内心ドキドキだったんだが
もう夕日も沈み始めてもと来た道をパジェロは走り出した。

「・・・もうじき社会のK先生退院して
N先生辞めちゃうんだよね、寂しくなるな~」
「そんな事ないよ、彼女がいれば寂しくなんかないでしょ?」
「彼女なんて居ないよ?出来るかどうか・・・」
「うっそだー、U君可愛いもん、
私が同い年だったら放っておかないよー」
「え!?・・・
僕も先生みたいな人が同級生だったら放っておかないよ?」
「本当?
じゃあ同じ年じゃなかったら彼女にしてくれないの?」

「えええ!?そ、そんな事ないと思うけど・・・
先生彼氏いるんじゃないの?」
「それがいないんだな~。U君の事、
可愛いからすぐ名前覚えたって前に言ったでしょ?」
「うん・・・」

「本気ですっごい可愛いって思ってるんだよ?」
「で、でも、僕背低いし、
ずっと背が高くてハンサムな生徒とかたくさんいるよ?
お気に入りの生徒とか他にもいて、
告白されたりとかされたりしてるんじゃないの?」
「告白はされてないし、お気に入りは他にもいるけど、
一番可愛くて好きなのはU君だもん」
「ぼ、僕可愛くなんかないよー」
まさか、そんなハズはない、嬉しいけど信じられない!

思わせぶりな先生の言葉に今までの和やかな雰囲気は
どこへやら、すっかりテンパる俺。
ドライブの誘いがあった時から感じていた現実感のなさが
急激に強まり、居心地の悪さを感じ始める。

「せ、先生、生徒からかっちゃダメだよ~。」
「・・・迷惑?」
「め、迷惑じゃないけど・・・」
山道を走っていたパジェロがパーキングエリアへと止まる
そして近づいてくるN先生の顔。
俺は先生から目がそらせないで居た。

「今すっごくU君とチューしたい。ダメ?」
どアップのN先生の顔。息が詰まる。
やっとの事で声を絞り出す俺。
「ダメじゃない・・・」
そして重ねられた唇。何故か俺はその時、
ファーストキスの感触よりも車の中で聞こえる
ウインカーの音の方が気になっていた。

触れるだけのフレンチキス。
頭が真っ白になってる俺から先生は唇を離した。
「キスしにくいよ、顎出して唇ちゃんと重ねないと」
「あ・・・ごめんなさい」
「じゃあ、もう一回するよ?」
今度は言われたように顎を出す。

さっきよりもしっかりと押し付けられてくる唇。
この後どうしていいのか分からずにいると、
先生の舌がにゅるり、と中に入ってきた。
なすがままに貪られている俺。

初めての気持ちよさにぼーっとしていたが、
このままじゃいけない、と僅かなプライドに押され、
先生の舌の動きを懸命にトレースし、舌を絡め合う。

どれくらい時間が経ったか、先生の口が離れていって、
俺は何も考えられずに居た。
「・・・U君、キスしたの初めて?」
「うん・・・・」
「すっごく頑張ってたね、先生気持ちよくなっちゃった♪」
我に返ると、もう外は夕暮れを過ぎて暗くなっていた。

よかったら投票をお願いします!